箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

フランスの農事功労章を授与された 南谷 桂子さん 湯河原町在住 62歳

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena

外からの視点、発見の連続

 ○…差し出す名刺には湯河原とパリの連絡先が書いてある。敷居の高いイメージのあるフランス料理を身近なものにしようと1年前に別荘地で「ロティスリー桂樹庵」を開いた。別荘を相続した時「人の笑い声が聞こえる場にしよう」と決め、計画を近隣にプレゼンすると「町が活性化するかも」と背を押された。大きな看板はないが、家族のようなフランス人スタッフと流暢に話しながら働いている。「赤ちゃん連れでも大丈夫。眠くなったらベッドもあるから」。肩肘張ったムードはない。

 ○…東京タワーの周りを鬼ごっこして育った。中高生の頃に名優・アランドロンに魅せられ、フランス語に入門。高校卒業時に「1年だけ」と親を説得して渡欧、その約束は実に40年以上伸びた。日本企業の駐在員時代に外食先の料理をメモするようになり、食に関するコラムが日本の新聞などに載るようになった。現地の男性との結婚を経てフードジャーナリストとして独立。庶民派の店や三ツ星を目指すシェフたちの姿を追った。過去の原稿を見せてもらうと、五感を刺激する文章がのぞく。吸収したい思いを相手にぶつけて本音を聞き出し、料理は舌で確かめる。貫いた現場主義が食文化への貢献としてフランスから評価された。

 ○…「海山に温暖な気候。世界に誇るべき温泉があり、大人が楽しめる町」。外から見る湯河原は魅力満載だ。別荘族だったという思いもあり地元の交流を求めて朝市に菓子を出している。ミカンの詰め放題は見逃さない。袋が弾けそうなほどに詰めて持ち帰ってタルトに。それを知った生産者と会話が弾まないわけがない。骨董品好きで時々リサイクル店に顔を出す。満面の笑みで「桜の季節に使える皿があったの」。お宝はまだ当たり前の風景の中に埋もれている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

村瀬 公大さん

(公社)小田原青年会議所(JC)第62代理事長に就任した

村瀬 公大さん

湯河原町在住 38歳

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク