箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

世界マスターズ陸上競技選手権に出た 小笠原 修さん 湯河原町吉浜在住 70歳

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

誰かの努力、見逃さない

 ○…取材場所は小田原の城山陸上競技場。地面に寝転がり、足を空に向けて描くように動かしていた。入念にストレッチするのは理由がある。右ひざに貼ったテープは10年前にハードルで転んで怪我した所で、1年のブランクになってしまった。タタタタと軽やかに駆ける姿は70代という年齢を感じさせないが「昔に比べて疲れが取れなくなりました」とぼやいた。何度もトラックをダッシュし、息を整えながら元のスタートに戻る。自分の体と対話しているよう。

 ○…9月にスペインまで飛び、国際大会に出場、70歳以上のハードル競技で目標にしていた決勝で、見事3位になった。記録は13秒93。銅メダルを手に帰国した感想は、上位になった喜びではなく「やりたい事をやらせてくれている妻への感謝を感じた」としみじみ。陸上には風を切って走る心地良さ、達成感だけでなく、仲間に会い仲間をつくる交流の醍醐味もある。

 ○…出身は島根県で高校時代に陸上部に入部。大学は体育学部を選び、運動に携わっていたい思いで中学の保健体育教員の道へ。定年退職するまで湯河原中学校や真鶴中学校、箱根の旧湯本中学校などで教えた。どんなに教えても、できる子、できない子がいた。「みんなが11秒台で走れるわけじゃない。でも、みんなで挑戦することはできる。それぞれの努力を認めてあげる事が大切なのかな」。今も湯河原中陸上部には時折顔を出して、練習を見守っている。

 ○…練習は1本1本の走りを「いかに集中できるかが重要」と説く。それなのに自分だけでなく、仲間の走りも気がかりな様子でじっとフォームを観察しては、そっとアドバイス。仕上げるように仲間と全力疾走してから苦しげにつぶやいた。「今日は深く練習した」「いい練習だった」

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク