箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年7月20日号
  • LINE
  • hatena

撤去の塀にも思い出 児童の安全第一に 関係者苦慮

教育

吉浜小学校の壁はフェンスになる予定
吉浜小学校の壁はフェンスになる予定

 大阪で発生した地震による塀の倒壊をうけ、下郡3町でも公共施設などの調査が行われた。湯河原町では80ヵ所を調査、直角に支える補強壁(控え壁)や基礎が法令に合わない6ヵ所を洗い出した。

 「法令不適合」とされた中で最も規模の大きいものは、湯河原小学校の南側の隣地との境にある高さ3・6m、長さ36mの塀。塀に沿って鉄フェンスが建っているものの、児童が近づかないようコーンで囲われた。9月末までに撤去する予定で、代わりにフェンスを建てる。吉浜小学校で不適合と判定されたのは、東の通学路に面した25mの壁。その表面には昭和50年に卒業制作のモザイク画が広がり、地域にとっては馴染みの光景となっている。作品だけを外す事は技術的に難しく、児童の安全を最優先に検討した結果、やむなく取り壊す方向となった。作品に携わった当時の卒業生は現在50歳代。学校関係者は「当時の卒業生の声も聞きたい。なんらかの形で思い出を受け継げたら」と語っていた。

 町立図書館では北側隣地との境の塀が不適合となった。補強壁の位置が法令に合わなかったため、新たに施工する。このほか、みやのうえ保育園の東の塀と、町道吉浜192号線にある塀(下長窪)も不適合と分かった。

地域のブロック塀町内会で確認も

 真鶴町ではまなづる小学校の南側の塀について調査を進めており「安全が確認できるまで」紐で区切っている。箱根町では湯本小学校の塀で不適合があったが、児童が入れない場所にあり、夏休みに撤去される見込み。箱根中学校にも補強が必要な塀が見つかり、今年度中に施工する。

 各市町で学校ブロック塀の調査や工事が先行する一方、通学路や住宅街に古い塀が多いという指摘もある。ただ公共施設に比べて民家には働きかけにくいのが実情だ。

 熱海市では今月12日、各町内会長向けにブロック塀点検の依頼文を発信。「点検と改善」の冊子を用意し、自分たちで項目別にチェックできるようにしている。

まなづる小でも調査中=17日時点
まなづる小でも調査中=17日時点

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク