箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

湯河原は10月スタート1日平均14・4人利用 デマンドタクシー真鶴も 来年2月から1カ月半試行

社会

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 真鶴町が湯河原町に次いでデマンド型タクシーの実証運行を準備している。期間は来年2月1日から1カ月半。従来のコミバス(緑色の小型バス)で網羅できなかった地域の利便性向上を目指す。

 真鶴町では平成28年秋年まで町職員が運転するワンボックス車でコミュニティバスを実施していたが、バス会社の委託という形で緑色の小型コミュニティバスに切り替わった。今年の夏頃に聞き取りやアンケートを実施したところ「便数が少ない」「バス停同士の距離がある」といった声が寄せられたという。

 デマンド型は不便地の乗降ポイントを「山ゾーン」と「港ゾーン」の計10カ所に設定、真鶴タクシー(有)に委託し、役場や診療所など4カ所の目的地の間を結ぶ。電話での予約で料金は1人400円。約1カ月半の運行でアンケート調査なども交えながら需要を調べる。

 隣の湯河原町では一足早く町内2社に委託してデマンド型タクシー「ゆたぽん号」を試行している。町は高齢化が進み、免許返納も増えることが見込まれ、買い物や通院などに不安の声もあった。公共交通会議で詳細を決め、今年10月から平日限定でスタートした。オレンジラインや温泉場、鍛冶屋、福浦などの不便地と駅周辺の目的地を結ぶ形で料金は1人400円、乗り合いの場合は300円に割り引かれる。スタートから1カ月で、のべ317人が往来で利用しており、1日平均14・4人、オレンジライン周辺の利用者が全体の約8割と多かった。子どもの利用はゼロだった。湯河原町の担当課は「まずは数字を積み重ねたい。1台にできるだけ乗り合って頂く事が、持続への一要素。利用者同士の会話が生まれるなどメリットもある」と話している。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク