箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

湯河原の早坂さん 小田原高定時制生徒会長として卒業

教育

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena
生徒代表としてあいさつした早坂さん
生徒代表としてあいさつした早坂さん

中学時代に引きこもり経験

 「昼間働き、夜学校に行くことに始めはとまどいました。仕事で出席日数をかせげず、イライラしたこともありました」――3月6日夜。県立小田原高校で定時制課程の卒業式が挙行された。制服ではなく、スーツやドレスに身を包んだ卒業生は41人。代表してあいさつした生徒会長の早坂慎吾さん(20・湯河原町)は、かつて登校拒否やひきこもりを経験した1人だ。

***

 「先輩というだけで威張るのはおかしい」。中学入学後、違和感を覚えた上下関係。上級生との関わりがうまくいかず、夏休み前には学校へ行かなくなった。

 毎日家でテレビゲームなどに明け暮れ、友人との連絡も途絶えた。勉学や部活に励むことなく迎えた中学卒業。「勉強もしていないし、人とも話していない。高校なんかいけるわけがない」。自分に自信も失い、進路は未定のままだった。

 実家は父が営む塗装店。仕事を手伝うこともあったが、卒業後も生活に変化はなし。「親の仕事を継げばいいや」と楽観的に考えていた矢先、頼りだった父・直敏さんが倒れた。一命をとりとめたが、復職はできずに廃業。これを機に、人生に真剣に向き合いはじめ、高校進学を決めた。

 朝7時から午後2時まではスーパーマーケットでアルバイト。帰宅後は食事の支度や散歩の付き添いなど父の介護を手伝い、5時30分から8時45分まで学校に通う日々。ひきこもり生活が長く、入学当初こそ級友との会話に困難も感じたが、職場で培ったコミュニケーション力を活かして友達の輪を広げた。積極性も芽生え、「皆の手本になりたい」と生徒会長に就任。「人と話すと知識の幅も広がる。働きながら学んだ高校生活の意味は大きかった」。今後は、アルバイト先で正社員として働くことが決まっている。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク