港北区版 掲載号:2013年11月7日号

港北区

保育園に「絵本図書館」開設 教育

区内18園で貸し出し

絵本図書館が設置された大曽根保育園の子どもたち
絵本図書館が設置された大曽根保育園の子どもたち
 港北区は、区内の保育園18園(=表)に「絵本図書館」の設置を開始した。図書館だけでなく、より身近な場所で絵本を借りられる機会を増やすことが目的だ。貸し出しは、保育園にある絵本に加え、地域住民から寄贈されたものをあてる。

 今回の取組みは、区が未就学児童数、保育所数ともに横浜市内で一番多いことや、港北図書館が耐震工事のため2014年3月まで休館中で本の貸し出しが制限されていることが背景にある。子どもの成長にとって重要なツールとされる絵本が借りづらい状況だ。そこで、区内各地域にある保育園への設置が決まった。区では園と地域住民のつながりを持たせ、地域全体としての子育て支援推進も目指している。

 去年から試験的にいくつかの園で絵本の貸し出しが行われており、そこで需要が大きいと判断したため、今春から事業の準備を進めてきた。設置する保育園を募集した結果、18園から手が挙がったことから、10月から一斉に始まった。

 区こども家庭支援課では「保育園は区内にたくさんあるにもかかわらず、実際に通っている子どもがいる世帯以外には関わりの少ない場所です。この事業をきっかけに保育園が地域住民にとって身近な存在となると嬉しい」と話す。

住民からの寄贈も

 同事業では地域住民から絵本の寄贈も募集する。寄贈された絵本には区の公式キャラクター「ミズキー」がデザインされたシールが貼られる。また、寄贈により集まった絵本のうち、貸し出しに不向きなものは、資源循環局が行う「リユース文庫」という不要になった本を資源活用する取組みに回す。住民からの寄贈や資源循環局の協力を得る事業は区独自のものだ。「すでに地域の方々からの寄付も集まってきている。ぜひ保育園に親子で遊びに来てください」と同課は語る。

 同事業に関する問合せは区同課【電話】045・540・2309まで。

港北区版のトップニュース最新6件

刷新3年遅れ、費用3倍に

横浜市ホームページ

刷新3年遅れ、費用3倍に

1月19日号

新駅開設工事で閉鎖へ

綱島ピーチゴルフ

新駅開設工事で閉鎖へ

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

運営事業予定者が決定

新羽車両基地

運営事業予定者が決定

1月12日号

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月5日号

「命」大切にする一年に

親子で楽しむハロウィンイベント

10月15日は西武プリンスクラブ会員さま限定「ペペ得の日」

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

<PR>

関連記事(ベータ版)

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク