港南区・栄区版 掲載号:2017年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

東京ガスエコモバレー部が初の全国へ創部5年目で県制覇

スポーツ

県大会初優勝を果たしたエコモバレー部
県大会初優勝を果たしたエコモバレー部
 東京ガスエコモ株式会社(本社/港南区丸山台)のバレーボール部男子6人制チームが、先月11日に行われた全日本クラブカップ選手権大会・神奈川県予選会で優勝し、創部5年目で初の全国大会行きを決めた。全国大会は8月10日から和歌山県和歌山市で開催される。

 クラブチーム男子6人制の神奈川県予選会は、ひらつかサン・ライフアリーナ(平塚市)を会場に13チームによるトーナメント戦で争われた。東京ガスエコモバレー部の今大会躍進のターニングポイントは2回戦だった。「強いチームとあたることは分かっていたので、全くプレッシャーがなかった。それが結果につながったのかも」。同部の福田誉さん(37)はそう明かす。

 2回戦で強豪の神奈川教員クラブを相手に、第1セットを28対26で競り勝つと、勢いに乗って2対1で勝利。続く準決勝のパーマンとの対戦では、シーソーゲームながらもストレートで試合を決めた。

 決勝は、昨年ストレートで敗れた奔流道と対戦。第1セットを15対25で落とすも、第2セットは粘って勝利し、勝負は第3セットへ。序盤に8対2まで離されたが、高さを生かしたブロックで得点を重ね、逆転初優勝を果たした。

バレーで地域貢献を

 同社バレー部の創部は5年前。社内にバレーボール経験者が多く、また国内最高峰「V・プレミアリーグ」でFC東京の選手として活躍する従業員もいたため、「トップアスリートの現役時代は長くない。引退後も彼らがバレーを続けられる環境を作っておいてあげたかった」と発起人の谷本将司さん(40)は思いを語る。

 部員は現在23歳から40歳までの17人で、本社近くの丸山台小学校体育館で週に1回の練習を続けている。FC東京の元選手が3人所属することに加え、スタメン6人の平均身長185・8cmという高さも強みだ。

 チームはわきあいあいとした雰囲気だが、職場はそれぞれ異なるため、終業後にメンバーが揃うのは容易ではない。「3人いればどうにか練習になるんだけど」と福田さんは話す。

 同部では地元小学校でバレー教室を開催するなど地域貢献活動にも取り組んでいる。キャプテンの前田竜一さん(35)は「部活動は会社を背負っているし、全国大会は神奈川を代表して臨むもの。恥ずかしくないプレーをしたい」と意気込みを話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

女性・学生取り込みに活路

市消防団員

女性・学生取り込みに活路

11月16日号

運転の不安 窓口で相談を

高齢運転者

運転の不安 窓口で相談を

11月16日号

入居困難者に空き家紹介

高齢者や障害者など

入居困難者に空き家紹介

11月9日号

中高生の芸術「発表の場を」

芹が谷でも施設整備へ

やまゆり園再生

芹が谷でも施設整備へ

11月2日号

医師がスマホで育児相談

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「新たな趣味」発見の場に

「新たな趣味」発見の場に

街の先生フェスタ 24日から

11月24日~11月29日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク