多摩区版 掲載号:2012年10月24日号

川崎市アートセンター5周年記念として上映される映画『39窃盗団』の監督を務める

押田 興将さん

町田市在住 43歳

「生きる姿」重喜劇で焙り出す

 ○…映画プロデューサーとして活躍する傍ら、自主映画の制作にも意欲的に取り組む。初めてメガホンを取った『39窃盗団』では、新百合ヶ丘周辺を舞台に、ダウン症の実弟の姿をユーモラスに描いた。心神喪失者を罰さないことを定めた刑法39条を楯に、捕まるはずのない窃盗団を結成した兄弟の喜劇。ざっくりとした大軸を決め、実弟を含む役者がアドリブで物語を形成していく方法をとった。「障害は重いテーマ。観客が感情移入しすぎず、様々な問題を客観的に見られるようにするためにも、ユーモアが必要だった」

 ○…1969年、横浜市に生まれ栃木県で育った。高校を中退し、人生に迷う最中、映画監督になることをふと思いついた。漠然とした思いを抱き、飛び込んだ映画の世界。日本映画学校で学び、故今村昌平監督や、武重邦夫監督に師事した。社会的に重いテーマにとびきりの笑いを交え真理を焙り出す「重喜劇」を確立した今村監督のもとで、映画を通じた「人間研究」の日々が続いた。構想20年、弟を撮ろうと模索した道の果てにたどり着いたのはやはり「重喜劇」だった。

 ○…川崎が誇る映画祭として定着した「KAWASAKIしんゆり映画祭」の創設メンバーとして名を連ねる。「映画を愛し、映画を見続ける”土壌”を育てるのも映画人の仕事」という武重氏の言葉の通り、市民ボランティアたちとイベントの立ち上げに奔走した。「ここで色々な人と出会った。映画が完成したのも、そうした人たちのおかげ」

 ○…商業映画の製作に携わる身であるからこそ、自主映画の存在に強く惹かれ、可能性を感じている。「低予算な分、自由の幅も広い自主映画だからこそ表現できるリアルがある。そうして映画を作ってきた人たちも今や商業ベースで製作している時代。本当の意味でのアンダーグラウンド作品の存在意義を確保していくことができれば。それが自分の責務かもしれない」
 

多摩区版の人物風土記最新6件

鈴木 隆司さん

西宮神社開門神事「福男選び」で10日、一番福を勝ち取った

鈴木 隆司さん

1月20日号

田通(たどおり) 順子さん

稲田保育園の保育士で、今年度の神奈川県保育賞を受賞した

田通(たどおり) 順子さん

1月13日号

白石 晴生さん

第67代川崎青年会議所(JC)理事長に1月1日付で就任した

白石 晴生さん

1月6日号

福山 聖和(せな)さん

専修大学相撲部の主将で、「藤島部屋」への入門が決まった

福山 聖和(せな)さん

1月1日号

關山(せきやま) 武男さん

発足10周年を迎えた「二ヶ領用水宿河原堀を愛する会」の会長を務める

關山(せきやま) 武男さん

12月9日号

矢野 智之さん

毎年、市内の小学校でボランティアの清掃教室を開いている

矢野 智之さん

12月2日号

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク