多摩区版 掲載号:2017年5月19日号

市教委

広報誌は「幕の内弁当」 教育

区PTA、研修に50人

講師(左)の質問に答える参加者
講師(左)の質問に答える参加者
 小中学校のPTA広報誌作りをテーマに、企画の視点や手法について学ぶ「多摩区PTA広報活動研修」が5月11日、多摩市民館で行われた。

 主催は同館と川崎市教育委員会。多摩区内の小学校14校と中学校7校の広報委員会から代表して51人が参加した。

 講師は長沢地域の情報誌「ながさわ つながる新聞」を発行している高橋弘幸さん(51)。高橋さんは広報誌作りを「料理作り」に例えて、企画や取材、レイアウトなど製作の流れを説明。実例をあげながら「写真だけが羅列された写真集のようなものや、学校のパンフレットのような内容はできるだけ避け、多様な切り口のある、内容が豊富でバランスの良い幕の内弁当のような広報誌づくりを目指してほしい」と、思いを語った。

 参加者はグループに分かれて、「お弁当」に入れる素材を選び、どのような記事にするかなどを話し合い発表するワークショップにも取り組んだ。

 また、ゲストとしてタウンニュース多摩区版の記者が登壇し、今後の広報誌作りに役立つようにと、発行物を作る際の注意点や、タウンニュースの紙面づくりの際の心構えなどを語る場面もあった。

 稲田中学校から参加した関尚子さん(43)は「お弁当が例になっていたので楽しみながら学べた。記事のネタの選び方が大切なこともわかった。近々運動会があるので親目線、広報目線を意識して、たくさんのエピソードを集めたい」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6件

師弟ともに「白寿・傘寿」

川崎 あす頂上決戦

プロバスケBリーグ

川崎 あす頂上決戦

5月26日号

PC作りで新年度開講

パティシエ一堂に作品展

6月6・7日

パティシエ一堂に作品展

5月26日号

訪問診療、医師語る

経済学を英語で聞く

専大講座

経済学を英語で聞く

5月26日号

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/