中原区版 掲載号:2015年12月11日号

(仮称)等々力大橋

着工延期、来年度に 社会

完成は2024年頃を予定

 川崎市建設緑政局では、中原区を通る宮内新横浜線と都内の目黒通りを結ぶ(仮称)等々力大橋の、今年度の着工を見合わせると発表した。また、12月7日の市議会本会議で「施工期間は概ね8年」とし、橋の完成は2024年頃との見通しを示した。

◇  ◇  ◇

 計画されている(仮称)等々力大橋は、区内宮内から東京都世田谷区にかけ多摩川に架かる新橋で、都市間のアクセス向上や物流の活性化などが期待されている。全長約400m、幅員は22mで4車線を想定。事業費は約100億円を見込み、事業主体である東京都と川崎市が折半する予定。

 橋の建設を担当する市建設緑政局は、これまで「2015年度内に着工、2020年度内の完成」をめざしてきた。しかし、環境調査や河川管理者ら関係機関との協議調整等に時間を要しているとし、「2016年度に着工」へと先延ばししたと発表。また、12月7日に行われた市議会本会議の代表質問に対し、橋の完成時期について市は「施工期間は概ね8年程度」と答弁、2024年頃の完成を見込んでいるとした。

 また、課題となるのが用地取得だ。都側の用地取得はほぼ完了している一方、市側は府中街道と接する西下橋交差点までの用地取得率が、現状34%に留まっている。市は「着実に事業を進めていくしかない」としている。

東京五輪に間に合わず

 この事業に対し、中原区選出議員団は「2020年東京五輪までの完成を要請する」との要望書を、昨年、今年と2年連続で市に提出。市の観光産業の活性化に繋げたかったところだが、自民党の市議は「超党派の願いだっただけに残念だ。今後、計画的に事業が進められることを見守りたい」と話した。

ドコモでらくらくスマホ教室

スマホを持ってみたい人向けの参加無料の教室。メーカー専属の講師がやさしく解説

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306888200

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

川崎 全日本で準V

バスケ男子

川崎 全日本で準V

1月20日号

救急出場8年連続増加

川崎市

救急出場8年連続増加

1月20日号

「不登校の子の親を支えたい」

元教諭の竹内春雄さん

「不登校の子の親を支えたい」

1月13日号

川崎球場の名場面懐かしもう

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月6日号

区民満足度向上を目指す

新春インタビュー

区民満足度向上を目指す

1月6日号

無料講演会を開催

11月17日㈮、三橋貴明さん講演

<PR>

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク