箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

小田原養護学校 分教室4年後開設へ 旧湯河原中学敷地 予算案に設計調査費

教育

現在はバスで1時間ほどかけて通う
現在はバスで1時間ほどかけて通う

 県が旧湯河原中学校の敷地に小田原養護学校の分教室を4年後に開設するため、設計調査費など821万円を予算案に盛り込んだ。実現すれば通学負担が大幅に減りそうだ。

 養護学校は螢田駅近くにあり、湯河原や真鶴の子どもは毎朝バスで40分〜1時間程度かけて通っている。その道のりは渋滞が発生しやすい国道135号線。バス停まで送迎する保護者からは「分教室を切望している」「乗り遅れたら学校に行けないのに、なかなか本人が動かない事がある」「バスが長いと運動不足が気がかり」という声もある。

 予定地には中学時代の校舎が残っており、ここに入居している教育委員会は近くに新築する「防災コミュニティセンター」内に移る構想がある。県によると古い校舎を取り壊し、町が県に土地を無償で貸し出す形で、30年度に基本実施設計、31・32年度にかけて建設、33年度の開設を目指す。

 分教室は小・中・高合わせて30人ほどの通学を想定している。県内の他の養護学校の「分教室」は既存の高校に併設する形がほとんど。別の建物を新築するのは県内で初という。
 

建設予定地の湯河原中学跡地
建設予定地の湯河原中学跡地

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

元旦の名所、岩ごろり

真鶴半島潮騒遊歩道県は早期撤去の方針

元旦の名所、岩ごろり

12月15日号

始発と最終、区間延長を模索

小田原〜仙石原間高校通学の利便性向上目指す

始発と最終、区間延長を模索

12月15日号

モチーフは兜造り

市民ホール整備事業

モチーフは兜造り

12月15日号

「行政まかせ、許されない」

箱根 町民会議が行財政提言書

「行政まかせ、許されない」

12月1日号

12匹が 「さくらねこ」 に

白バイ操縦日本一

白バイ操縦日本一

11月17日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク