箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年3月10日号

小田原養護学校

分教室4年後開設へ 教育

旧湯河原中学敷地 予算案に設計調査費

現在はバスで1時間ほどかけて通う
現在はバスで1時間ほどかけて通う

 県が旧湯河原中学校の敷地に小田原養護学校の分教室を4年後に開設するため、設計調査費など821万円を予算案に盛り込んだ。実現すれば通学負担が大幅に減りそうだ。

 養護学校は螢田駅近くにあり、湯河原や真鶴の子どもは毎朝バスで40分〜1時間程度かけて通っている。その道のりは渋滞が発生しやすい国道135号線。バス停まで送迎する保護者からは「分教室を切望している」「乗り遅れたら学校に行けないのに、なかなか本人が動かない事がある」「バスが長いと運動不足が気がかり」という声もある。

 予定地には中学時代の校舎が残っており、ここに入居している教育委員会は近くに新築する「防災コミュニティセンター」内に移る構想がある。県によると古い校舎を取り壊し、町が県に土地を無償で貸し出す形で、30年度に基本実施設計、31・32年度にかけて建設、33年度の開設を目指す。

 分教室は小・中・高合わせて30人ほどの通学を想定している。県内の他の養護学校の「分教室」は既存の高校に併設する形がほとんど。別の建物を新築するのは県内で初という。
 

建設予定地の湯河原中学跡地
建設予定地の湯河原中学跡地

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

初の津波避難タワー

最大約3mの浸水想定地域湯河原

初の津波避難タワー

4月21日号

7つの診療科や病床数維持

3年後移転新築JCHO病院

7つの診療科や病床数維持

4月7日号

仙石原の鹿柵、年末頃設置へ

採石場を練習場に

心臓破りの大会5連覇

箱根在住田代さん

心臓破りの大会5連覇

3月24日号

ミズバショウも早め

箱根湿生花園が開園を10日繰り上げ

ミズバショウも早め

3月10日号

関連記事(ベータ版)

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/