緑区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

色字共感覚を持つ自身の日常を綴った手記を出版した 望月 菜南子さん 東洋英和女学院大学3年

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena

「人の心と向き合いたい」

 ○…黒く書かれた文字や数字でも、特定の色がついて見える色字共感覚を持つ。例えば、「あ」という文字は、何色で書かれていても頭の中では赤く見えるそう。自分にとっては当たり前のことだったため、高校3年生まで周りと違うことに気が付かなかった。「共感覚を持つ私の日常を、ありのまま綴ったら面白いかも」。そんな思いから出版に向けて動き始めた。8月、本がついに書店に並んだ。「まるで自分のことのように多くの人が喜んでくれました」と顔をほころばせた。

 ○…子どもの頃から大の本好き。「自分が主人公になりきって読むとわくわくします」と胸を躍らせる。小学生の頃から本の出版が秘かな夢だったという。中高生時代は文芸部で小説などを書いていた。おかけで読む人のことを考えて文章を書く癖が付いた。本を執筆する時も意識したのは、小学生でも読める優しい文章だ。「私の見ている世界観が多くの人に分かりやすく伝わったら」

 ○…中高生時代、悩んだ時には、周りの大人と対話することで前向きになれた。そんな経験からずっと人の心と向き合いたいと思うように。そんな思いを叶えるため、公認心理師になることが夢となった。心理学を学ぶために東洋英和女学院大学人間科学部へ。今は、大学院への進学も視野に入れている。「対話で元気を与えられる大人になりたいです」と笑った。

 ○…「九九は、数字の色で覚えていましたね」と共感覚を持つ自分”ならでは”のエピソードを教えてくれた。本には、そんな読む人の常識を揺さぶる内容がずらり。「自分と他人の感じ方、考え方は違って当然。様々な人がいることを知ってもらえたら。『多様性とは何か』を考えるヒントになる一冊です」と本を手にとった。

緑区版の人物風土記最新6

ARIGATOYUINA(アリガトユイナ)さん

みどりオンライン祭2020でMCを務めるシンガーソングライター兼役者

ARIGATOYUINA(アリガトユイナ)さん

台村町在住 28歳

12月3日号

土志田 三津夫さん

「都筑アートプロジェクト2020」の実行委員長を務める

土志田 三津夫さん

長津田町在住 65歳

11月19日号

高林 綾子さん

緑区主任児童委員代表を務め、子育て講座『子どもとくらす』で登壇する

高林 綾子さん

東本郷在住 53歳

11月12日号

小林 稔さん

YOKOHAMAみどりオンライン歌謡ステージ実行委員長を務める

小林 稔さん

台村町在住 70歳

11月5日号

中畝(なかうね) 常雄さん

日本画家で「ココロはずむアート展」の実行委員を務める

中畝(なかうね) 常雄さん

新治町在住 69歳

10月29日号

大谷 元さん

「新治の森・花と実の写真集」を作った

大谷 元さん

十日市場町在住78歳

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク