緑区版

トップニュースの記事一覧

  • 中高年も該当、浮き彫りに

    横浜市内ひきこもり

    中高年も該当、浮き彫りに 社会

    推計1万2000人

     横浜市は、昨年初めて実施した40〜64歳を対象とした「市民生活実態調査」の集計結果をこのほど発表し、ひきこもり状態にある市民が推計1万2000人いることが分か...(続きを読む)

  • 講座で「地域デビュー」応援

    鴨居地域の市民団体

    講座で「地域デビュー」応援 社会

    “先輩会員”が指南役に

     鴨居の市民団体「鴨居駅周辺まちづくり研究会」が、中高年や退職組の地域活動参加を促進しようと地域デビュー講座の企画に力を入れている。人手不足や高齢化が叫ばれる地...(続きを読む)

  • 前年比5倍 被害2億円に

    振り込め詐欺

    前年比5倍 被害2億円に 社会

    カード手交型が横行

     緑区内で振り込め詐欺の被害が急増している。昨年1年間の被害額は1億9578万円と前年比の5倍に上った。被害者を金融機関まで誘導しない新たな手口の横行などが背景...(続きを読む)

  • ごみ分別案内にAI導入

    横浜市

    ごみ分別案内にAI導入

    4月から本格稼働

     横浜市資源循環局は人工知能(AI)技術を使い、ごみの出し方や処分にかかる手数料などを対話形式で案内する「イーオのごみ分別案内」を1日から本格稼働した。...(続きを読む)

  • 「市政を大胆に前進」

    「市政を大胆に前進」 政治

    林市長、新年度で抱負

     2018年度のスタートにあたり、本紙では林文子市長にインタビューを行った。林市長は新年度を「市政を大胆に前進させる年」と位置付け、インフラ整備や子育て施策など...(続きを読む)

  • 住民同士の相談窓口始動

    中山

    住民同士の相談窓口始動 社会

    地域情報交換し交流

     中山駅北口からすぐの場所にあるデイサービス事業所の一角を活用し、住民同士の「総合生活相談窓口」の取り組みが始まった。月1回、自由に集い、地域情報や生活の困り事...(続きを読む)

  • 参加者30万人を突破

    ウォーキングポイント

    参加者30万人を突破 社会

    開始4年、目標を達成

     横浜市などが健康づくりの一環で進めている「よこはまウォーキングポイント事業」。第1期4年の最終年度となる2017年度に参加登録者数が目標の30万人を超えた。一...(続きを読む)

  • 地元企業が「居場所」提供

    三保地区

    地元企業が「居場所」提供 社会

    連合自治会らと協定

     三保町にある三井住建道路(株)関東支店南関東営業所と三保地区連合自治会などが先月20日、同社の会議室利用に関する協定書を締結した。今後、同社はこの会議室を地域...(続きを読む)

  • 「奉仕活動、100歳まで」

    東本郷第一・二公園愛護会目さん

    「奉仕活動、100歳まで」 社会

    清掃やごみ拾い続ける

     「100歳まで地域のために」――。東本郷在住の目(さがん)定雄さん(90)は、近所にある2つの公園で清掃やごみ拾いなどに取り組む。地域ボランティアの人手不足や...(続きを読む)

  • 水道料金値上げを検討

    横浜市

    水道料金値上げを検討 社会

    事業コスト急増見込む

     横浜市は今後の水道料金を検討する「横浜市水道料金等在り方審議会」を4月に発足させる。背景には設備の更新や耐震化対策など、長期にわたり事業コストの増加が見込まれ...(続きを読む)

  • 公共施設の「多目的化」推進へ

    横浜市

    公共施設の「多目的化」推進へ 社会

    建て替えピーク控え方針

     横浜市は2月15日、公共建築物の再編整備の方針を策定した。学校や市営住宅を建て替える際には、近隣の市民利用施設や社会福祉施設などとの多目的化・複合化を検討・推...(続きを読む)

  • 育てた米で団子づくり

    三保小5年生

    育てた米で団子づくり 教育

    農業と食育学ぶ特別授業

     市立三保小学校(和泉良司校長)の5年生の児童らが、自ら育てた米で団子を作る授業に臨んだ。地元農家や商店の協力で、生産から加工までを体験する特別授業が実現。児童...(続きを読む)

  • 認知症支援などに重点

    地域包括ケア次期計画

    認知症支援などに重点 社会

    3月公表へ

     横浜市は超高齢社会に対応した体制づくりを推進する「横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」(よこはま地域包括ケア計画・注)の第7期計画を3月中に公表する。...(続きを読む)

  • 市が民間団体と協定

    ひとり親家庭支援

    市が民間団体と協定 社会

    当事者目線で取組推進

     横浜市と一般社団法人日本シングルマザー支援協会(江成道子代表)は先月28日、ひとり親家庭支援の取組について協力する協定を結んだ。シングルマザーの就労支援などを...(続きを読む)

  • ラグビーW杯へ工事着々

    日産スタジアム

    ラグビーW杯へ工事着々 社会

    整備予定額は全体で83億

     日産スタジアムでは昨年11月から、2019年9月に開幕するラグビーワールドカップに向けた大規模改修工事が行われている。 整備項目の中で...(続きを読む)

  • ビーコルセンター誕生

    セン北駅前

    ビーコルセンター誕生 スポーツ

    横浜北部有志らが尽力

     男子プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ(B1所属)」の新拠点「ビーコルセンター」が2月21日にセンター北駅前に誕生し、関係者によるレ...(続きを読む)

  • 「笑いヨガ」で地域元気に

    鴨居在住鵜殿さん

    「笑いヨガ」で地域元気に 社会

    福祉施設などで普及活動

     鴨居在住のフィットネスインストラクター・鵜殿(うどの)眞理子さんが笑いを取り入れたヨガで地域を元気にしたいと奔走している。3月に中山でイベントを行うほか、介護...(続きを読む)

  • 学童保育 運営道のり険し

    学童保育 運営道のり険し 教育

    補助金増も財政厳しく

     放課後の小学生が過ごす居場所の一つ「学童保育」の運営者に対し、市は2018年度、補助金を増額する予算を組んだ。しかし、条例によって場所の移転を迫られ、財政難の...(続きを読む)

  • 「介護職の魅力、生の声で」

    「介護職の魅力、生の声で」 社会

    区役所で初のジョブカフェ

     介護・看護職の慢性的な人手不足を解消しようと3月2日、緑区役所で初のジョブカフェが開かれる。区内で働く職員らが自ら仕事の魅力を語り、やりがいをPRすることで人...(続きを読む)

  • 部活休養日、週2以上へ

    横浜市立中

    部活休養日、週2以上へ 教育

    新年度より実施

     横浜市立中学校では、2018年度より週に平日1日以上、土日1日以上を部活動休養日として設定していく。先月末には、市教育委員会が所管の中学校に通知した。生徒の健...(続きを読む)

  • 混雑緩和策で6両化へ

    市営地下鉄グリーンライン

    混雑緩和策で6両化へ 社会

    市「24年度中をめどに」

     今年の3月で開業10周年を迎える横浜市営地下鉄グリーンライン。課題となっていた乗車人員の増加に伴う混雑緩和対策として、市は2024年度までに、現状4両全17編...(続きを読む)

  • インフラ整備に積極投資

    市18年度予算案

    インフラ整備に積極投資 社会

    一般会計5.1%増

     横浜市は1月30日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は過去最大規模の1兆7300億円で、前年度当初比5・1%増。2年後に迫る東京五輪などの大規模イベ...(続きを読む)

  • セン南駅で旅券発給へ

    横浜市

    セン南駅で旅券発給へ 経済

    来秋設置で県と調整

     横浜市(林文子市長)と神奈川県(黒岩祐治知事)はこのほど、市営地下鉄センター南駅構内にパスポートセンターを新設することを発表した。県からの権限移譲を受け、市は...(続きを読む)

  • 小学校給食の値上げ検討

    横浜市教委

    小学校給食の値上げ検討 教育

    今秋から月額600円増か

     横浜市教育委員会は現行月額4000円の市立小学校給食費について、9月から600円値上げすることを検討している。給食にかかる食材費の高騰が主な理由。価格改定に伴...(続きを読む)

  • 水道管凍結 区内でも多発

    水道管凍結 区内でも多発 社会

    市窓口に相談350件

     関東の広い範囲に「低温注意報」が出された先週、横浜市内では氷点下まで気温が下がったことによる水道管凍結の相談などが1日で350件に上った。緑区内でも凍結による...(続きを読む)

  • 加入者数 目標の4割

    ハマの自転車保険

    加入者数 目標の4割 社会

    周知不足で浸透進まず

     (一財)横浜市交通安全協会が、市民向けに提供する「ハマの自転車保険」の加入者数が、募集開始から約2年で4千人ほどと伸び悩んでいる。同協会は「周知不足」とするが...(続きを読む)

  • 初海外戦でタイトルに挑む

    森の台出身プロボクサー望月選手

    初海外戦でタイトルに挑む スポーツ

    勝てば世界ランク入りも

     森の台出身のプロボクサー・望月直樹選手(横浜光/日本フライ級5位)が2月7日、タイ・バンコクでIBFフライ級7位のエクタワン選手(タイ)と空位のIBFパンパシ...(続きを読む)

  • 歩道拡幅工事完成へ

    市道長津田第296号線

    歩道拡幅工事完成へ 社会

    一部を暫定開放

     横浜市道路局が2011年から進めてきた市道長津田第296号線の歩道拡幅工事がまもなく完成するという。通学路や生活道路として多くの人が利用することなどを受け、こ...(続きを読む)

  • 1万4千戸「再生」へ

    市営住宅

    1万4千戸「再生」へ 社会

    老朽化受け、市が素案公表

     市営住宅が2030年から50年にかけて一斉に耐用年限を迎える問題で、横浜市が再生に関する基本的な考え方(素案)を12月までにまとめた。約1万4千戸を20年度以...(続きを読む)

  • 緑区の患者数、市内最多に

    インフルエンザ

    緑区の患者数、市内最多に 社会

    2週間で約5倍に急増

     横浜市内でインフルエンザの流行が広がっている。市はこのほど流行注意報を発令したが、緑区の患者数(定点あたり)はこれをさらに上回り、すでに警報レベルに達した。区...(続きを読む)

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中山で日曜リレー講座

中山で日曜リレー講座

みどりーむ会場に

4月22日~4月22日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク