緑区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 環境大臣賞を受賞

    塚田順一氏

    環境大臣賞を受賞 社会

    30年以上の活動に評価

     霧が丘連合自治会長を務める塚田順一氏がこのほど、地域環境美化功労者として環境大臣賞を受賞した。塚田氏は「自分たちが住む街の美化は自分たちで守るという意識を一人...(続きを読む)

    9月24日号

  • ブロック塀対策足踏み

    市立小通学路

    ブロック塀対策足踏み 社会

    危険箇所約2,000件

     2018年の大阪北部地震では小学校のブロック塀が倒壊し児童が死亡した。事故後、全国の自治体で学校の塀対策が加速。横浜市は19年4月時点で公共建築物敷...(続きを読む)

    9月17日号

  • オリーブで農地活用

    いぶき野農家

    オリーブで農地活用 経済

    育てやすさが魅力

     余っている農地を有効活用しようと、いぶき野でオリーブの栽培が昨年から始まった。「野菜などに比べ、手間がかからない上、収益も見込める。可能性を秘めている」と農家...(続きを読む)

    9月17日号

  • 町内会のICT支援へ

    横浜市

    町内会のICT支援へ 社会

    コロナ対策で予算計上

     コロナ禍で自治会や町内会の活動が自粛、縮小される中、感染対策と住民活動を両立させるため、オンライン会議やSNSなどのICT(情報通信技術)を活用した取組が注目...(続きを読む)

    9月10日号

  • 災害に備えた体制拡充

    緑区防災作業隊

    災害に備えた体制拡充 社会

    新たに1社加盟 16社に

     震度5強以上の地震が発生した際など、市からの協力要請を待たずに緊急巡回や応急処置などを行う「緑区防災作業隊」。同作業隊に新たな1社が加入し、緑土木事務所で1日...(続きを読む)

    9月10日号

  • 創作劇で乳がん伝える

    創作劇で乳がん伝える 社会

    ワークショップも開催

     乳がんの体験者らが演じる創作劇が来年3月にみどりアートパークで開催される。9月から12月までの期間は、演劇のワークショップも実施する。主催者は「エンタメの力で...(続きを読む)

    9月3日号

  • 市内観光、復興遠く

    市内観光、復興遠く 経済

    ホテル稼働4割の低水準

     新型コロナウイルスの影響で、横浜市内の観光産業の低迷が続いている。市内ホテルの平均稼働率は7月も4割前後と見込まれ、集客のための大型催事は延期・中止が460件...(続きを読む)

    9月3日号

  • コロナ禍で申込み7倍超

    生活困窮者自立支援制度

    コロナ禍で申込み7倍超 社会

    家賃給付要件緩和も一因

     新型コロナウイルスの影響による収入減や失業で生活に困窮する人が増加する中、横浜市内では自立支援や家賃給付を行う「生活困窮者自立支援制度」の申込みが昨年同期比で...(続きを読む)

    8月27日号

  • 買い物難民へ利便性提供

    霧が丘バザール

    買い物難民へ利便性提供 社会

    11月6日に開催予定

     霧が丘地域の買い物が困難な高齢者などへの利便性の提供を目的に11月6日、霧が丘4丁目の空き地で「霧が丘バザール」が開催される。現在出店者も募集している。同バザ...(続きを読む)

    8月27日号

  • 市補助金、3日で上限に

    「新しい生活様式」対応支援

    市補助金、3日で上限に 社会

    申込簡略化で異例の速さ

     横浜市が6月補正予算で計上した、中小企業の「新しい生活様式」対応支援事業補助金。今月3日から申請の事前エントリーが開始され、5日には予算上限に達した...(続きを読む)

    8月20日号

  • 「希少動物楽団(ズーラシアンブラス)」と協定

    みどりアートパーク

    「希少動物楽団(ズーラシアンブラス)」と協定 文化

    定期的にコンサート実施

     みどりアートパークは希少動物の着ぐるみをかぶって演奏する楽団「ズーラシアンブラス」と協定を結んだ。同楽団の拠点として、定期コンサートなどを行う。6日には、協定...(続きを読む)

    8月20日号

  • 風水害時の対応状況は?

    台風19号踏まえ

    風水害時の対応状況は? 社会

    避難所でのコロナ対策も

     先月の九州豪雨での被害は記憶に新しい。今後多くの台風上陸が見込まれる中、昨年10月に発生した台風19号の課題を踏まえた緑区の災害に備えた対応や、避難場所でのコ...(続きを読む)

    8月13日号

  • ひとり親の食を支援

    横浜市

    ひとり親の食を支援 社会

    コロナ禍受け提供会

     新型コロナウイルス感染症の影響で生活が困難なひとり親家庭を支援しようと、横浜市はフードバンク団体と連携して、食品を提供する取り組みを8月から始めた。来年3月ま...(続きを読む)

    8月13日号

  • 区民まつりも中止決定

    区民まつりも中止決定 社会

    「安全・安心が最優先」

     緑区役所は7月29日、10月18日に予定していた「緑区民まつり2020」の開催を、新型コロナウイルスの影響で中止することを区HPで公表した。区の担当者は「開催...(続きを読む)

    8月6日号

  • 「学びの保障」に対策

    市教委

    「学びの保障」に対策 教育

    授業・業務補助職員を増

     横浜市立学校は緊急事態宣言解除後の6月1日から授業を学校が再開したが、現場では密を避けるための授業体制や感染対策の業務が増加。結果、教員の負担が大きくなり、子...(続きを読む)

    8月6日号

  • 今秋の開催を断念

    中山まつり

    今秋の開催を断念 社会

    安全確保のため「理解を」

     11月3日に開催を予定していた中山商店街協同組合主催の「中山まつり」の中止が決定した。同商店街の奥津守理事長は「祭りには多くの人が集まるので、新型コロナウイル...(続きを読む)

    7月30日号

  • 9割はネット広告から

    市内通販トラブル

    9割はネット広告から 経済

    前年度から相談倍増

     通信販売で商品を試すつもりが、定期購入だったというトラブルが急増している。横浜市消費生活総合センターによると、昨年度に市内で寄せられた相談件数は1154件と前...(続きを読む)

    7月30日号

  • 熱中症への注意呼びかけ

    緑消防署

    熱中症への注意呼びかけ 社会

    マスク着用の影響危惧

     緑消防署(中村榮宏署長)は14日、熱中症への注意を呼びかけるキャンペーンを実施した。中村署長は「マスク着用などの新しい生活様式への変化で熱中症へのリスクが高ま...(続きを読む)

    7月23日号

  • IR実施方針、8月公表か

    横浜市

    IR実施方針、8月公表か 経済

    スケジュール待ったなし

     横浜市が進めるカジノを含むIR(統合型リゾート)事業。その具体計画を示す「実施方針」について市は、市会での説明を見送ったものの、8月の公表は堅持している。踏ま...(続きを読む)

    7月23日号

  • 独自の吹コン開催へ

    十日市場中顧問ら有志

    独自の吹コン開催へ 教育

    3年生の発表の場に

     新型コロナウイルスの影響で中止となった吹奏楽連盟主催のコンクール。3年生に発表の場を作ろうと、中学校6校が参加する独自のコンクールが8月29日(土)...(続きを読む)

    7月16日号

  • 児童生徒に1人1台端末

    GIGAスクール構想

    児童生徒に1人1台端末 教育

    市、今年度中整備へ

     横浜市はこのほど、令和2年度中に児童生徒に1人1台端末を貸与するなどの「横浜市におけるGIGAスクール構想の方向性」を策定した。市教委の担当者は「端末の活用方...(続きを読む)

    7月16日号

  • 防災拠点の3密対策 強化

    横浜市

    防災拠点の3密対策 強化 社会

    「分散避難」呼びかけも

     台風シーズンとなる8、9月を控え、豪雨や地震などの自然災害と新型コロナウイルス感染症が重なる「複合災害」への対策は急務だ。横浜市は、感染防止備蓄品を市内の全地...(続きを読む)

    7月9日号

  • 長津田まつり初の中止に

    長津田まつり初の中止に 社会

    コロナ対策で「苦渋の決断」

     長津田地区の秋の恒例行事「長津田まつり」の中止が決定したことがこのほど分かった。主催する長津田自治連合会の井上敏正会長は「新型コロナウイルス感染拡大防止のため...(続きを読む)

    7月9日号

  • 医療体制拡充に56億円

    横浜市

    医療体制拡充に56億円 政治

    コロナ第2、3波に備え

     横浜市は開会中の市会定例会に新型コロナウイルスに対応するため総額187億円規模の補正予算案を上程している。流行の第2、3波に備え、医療提供体制を整備するほか、...(続きを読む)

    7月2日号

  • 起業支援拠点が本格稼働

    起業支援拠点が本格稼働 経済

    セミナールームも初公開

     起業支援拠点「まちなかbizみどり」(台村町186カワグチビル)が本格的にオープンした。6月26日には、オープンイベントが開催され、同ビル3階に新た...(続きを読む)

    7月2日号

  • 8月代替大会開催に喜び

    県高校野球

    8月代替大会開催に喜び スポーツ

    「3年生集大成の場に」

     神奈川県高等学校野球連盟(熊野宏之会長)は6月12日、横浜市中区で記者会見を開き、神奈川県独自の代替大会「令和2年度神奈川県高等学校野球大会」を8月に開催する...(続きを読む)

    6月25日号

  • どう変わる?学校生活

    市立小中

    どう変わる?学校生活 教育

    7月に給食・部活再開

     横浜市立小・中学校は6月から段階的に教育活動を再開し、7月1日には小学校で給食、中学校で部活動が始まるなど、徐々に通常の生活に移行する。新型コロナウイルス対策...(続きを読む)

    6月25日号

  • レモンで地域交流を

    霧が丘6丁目

    レモンで地域交流を 社会

    更なる取り組みを検討

     霧が丘6丁目で活動する「霧が丘六丁目まちづくり推進会 みどりアップ部会」では、レモンを利用したまちづくりの活動が行われている。現在は、同部会メンバーらでレモン...(続きを読む)

    6月18日号

  • 児童虐待、潜在化を危惧

    横浜市

    児童虐待、潜在化を危惧 社会

    休校などで相談数「微減」

     新型コロナ対策の外出自粛により児童虐待のリスクが懸念された今年4〜5月、市内の児童虐待相談受付件数が前年より減少した。休校などで学校や保育所からの相談が減少し...(続きを読む)

    6月18日号

  • “困りごと”をサポート

    十日市場ヒルタウン

    “困りごと”をサポート 社会

    「みどりテラス」設立

     十日市場ヒルタウンの自治会役員経験者ら有志が、自治会や町内会の”困りごと”(作業)を安価で請け負う団体『みどりテラス』を立ち上げた。現在は、NPO法人設立に向...(続きを読む)

    6月11日号

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

緑区版の関連リンク

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク