緑区版 エリアトップへ

人物風土記の記事一覧

  • 城守 夏恋(かれん)さん

    初のオンライン開催となった学園祭「かえで祭」で実行委員長を務める

    城守 夏恋(かれん)さん

    東洋英和女学院大学3年

    「できないことはない」 ○…昨年はコロナの影響で中止を余儀なくされた。「かえで祭の伝統をつなぐためにも2年連続の中止はあり...(続きを読む)

    10月21日号

  • 岡部 光雄さん

    長津田の歴史をこのほど一冊の本にまとめた

    岡部 光雄さん

    長津田在住 88歳

    歴史を次代へとつなぐ ○…生まれ育った長津田を「自然があり、歴史のある恵まれた環境」と自慢する。一方、この数十年間で都市開...(続きを読む)

    10月14日号

  • 堀尾 伸二さん

    第一線で活躍する音楽家を招いた演奏会を長津田で定期的に企画している

    堀尾 伸二さん

    長津田在住 60歳

    音楽で地域を盛り上げる ○…航空自衛隊航空中央音楽隊で、ティンパニなどの打楽器奏者として長年活躍してきた。定年後「音楽で人...(続きを読む)

    10月7日号

  • 谷川 真祐子さん

    長津田を中心に活動するハンドベルサークル「OBA(おば)サウンズ」代表を務める

    谷川 真祐子さん

    町田市在住 54歳

    仲間と一緒に音楽を創る ○…育児をする母親たちが集まり約20年前に発足し、長年にわたり各地でハンドベル演奏を行っている。1...(続きを読む)

    9月30日号

  • 斎藤 淑子さん

    旧緑区(現・青葉区)で起きた米軍機墜落事故を語り継ぐ活動を行う

    斎藤 淑子さん

    長津田在住 82歳

    「生涯、語り継いでいく」 ○…県議として、本会議の議場にいた1977年9月27日午後。議会事務局員に一枚のメモ用紙を手渡さ...(続きを読む)

    9月23日号

  • 韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

    みどり国際交流ラウンジで地域コーディネーターを務める

    韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

    相模原市在住 35歳

    誰もが住みやすいまちへ  ○…外国人の立場で、多文化共生のまちづくりに関わり、地域を盛り上げ...(続きを読む)

    9月16日号

  • 森 卓爾さん

    世界遺産の魅力を伝える講座を開催している

    森 卓爾さん

    霧が丘在住 74歳

    学びに貪欲、挑戦続く ○…定年後から学び始めた世界遺産。2014年に世界遺産アカデミー認定講師となり、各地で講師として活躍...(続きを読む)

    9月9日号

  • 吉田 直人さん

    横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

    吉田 直人さん

    南区在勤 62歳

    生涯を支える歯科医に ○…約1700人が所属する横浜市歯科医師会は、休日夜間の急患や障がい児者、通院が難しい高齢者に訪問歯...(続きを読む)

    9月2日号

  • 麻生 紘二さん

    東京五輪で技術委員として、野球の運営全般に深く携わった

    麻生 紘二さん

    霧が丘在住 78歳

    努力怠らず、人を支える ○…試合前の練習からセレモニー、本番まで、各国の選手が全力を出し切れるように運営全般に尽力。「大き...(続きを読む)

    8月26日号

  • 青木 勇人(たけと)さん

    21-22シーズンから横浜ビー・コルセアーズのヘッドコーチとして指揮を執る

    青木 勇人(たけと)さん

    47歳

    全身全霊で勝ちをめざす ○…2度目の指揮官就任に「同じ人間に声がかかることはなかなかない。チームも覚悟をもって声をかけてき...(続きを読む)

    8月19日号

  • 伊藤 明子さん

    区内で満月ヨガを定期開催している

    伊藤 明子さん

    緑区在住

    待たずに果敢に動く ○…満月の夜、野外でヨガを行う会を定期開催している。美しいだけではなく、神秘的な魅力がある月が大好きだ...(続きを読む)

    8月12日号

  • 石井 聡さん

    動画の作り方を学ぶ団体「アップロードみどり2021」の代表を務める

    石井 聡さん

    いぶき野在住 63歳

    先を見据え、企てていく ○…趣味で作詞・作曲したCDの紹介をしたいと、地域で行われていた動画制作を学ぶ講座に飛び込んだ。現...(続きを読む)

    8月5日号

  • 下中 英輝さん

    緑・事業所防犯協会の会長に着任した

    下中 英輝さん

    いぶき野在住 58歳

    声を形に変えていく ○…緑警察署と協力しながら、地域の治安を守る活動に励んでいる。地域の人に誘われたことをきっかけに同会に...(続きを読む)

    7月29日号

  • 清水 裕之さん

    横浜緑ロータリークラブの会長に就任した

    清水 裕之さん

    港北区在住 58歳

    基盤強化し次世代へ ○…自身の顧客でもあったクラブの先輩から誘われ入会。今期会長職のバトンを受け取った。クラブの基盤強化を...(続きを読む)

    7月22日号

  • 二宮 駒音(こと)さん

    宮城県を聖火ランナーとして走った

    二宮 駒音(こと)さん

    東洋英和女学院大学4年 

    恩返しの心、忘れない ○…父親が事故で寝たきりになり、中学入学直後に亡くなった。ふさぎ込んだ時期もある。その後、人の役に立...(続きを読む)

    7月8日号

  • 柴田 宏明さん

    一般社団法人横浜市緑区医師会の第11代会長に就任した

    柴田 宏明さん

    青砥町在住 65歳

    コロナ禍でも臨機応変に ○…行政などと連携し、全会員が一丸となった新型コロナ終息に向けたワクチン接種の戦いが続く。このよう...(続きを読む)

    7月1日号

  • 佐々木 京子さん

    長津田の戦争体験者の声を集める

    佐々木 京子さん

    長津田在住 60歳

    戦争体験者の声、後世へ ○…同居する父と自宅の大掃除をしていると、出てきた古い段ボール。開くと、志願兵だった父の兄が出征先...(続きを読む)

    6月24日号

  • 越水 将一さん

    竹山団地に住み、神奈川大学サッカー部のコーチを務める

    越水 将一さん

    竹山在住 31歳

    地域と共に学生を育てる ○…神奈川大学サッカー部員たちが竹山団地に住み始めたのは、昨年だ。同じタイミングで、自身も妻と一緒...(続きを読む)

    6月17日号

  • 樋口 誠さん

    身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

    樋口 誠さん

    寺山町在住 66歳

    「まさか」を予測していく ○…家の中でつまずく、自転車で転倒するなど、日常生活の危険は様々な場所に--。プラント建設現場で...(続きを読む)

    6月10日号

  • 田澤 慶曉さん

    霧が丘バザール実行委員会の代表を務める

    田澤 慶曉さん

    霧が丘在住 78歳

    街をみんなでよくしたい ○…「同じ地域に住んでいるのになかなか交流の場がない。それって、寂しい」という思いから始まったバザ...(続きを読む)

    6月3日号

  • 有賀 勇次さん

    学習ボランティアサークル「みどりパチパチ会」の代表を務める

    有賀 勇次さん

    西八朔町在住 77歳

    「ほっとする、居場所に」 ○…戦争で父親を亡くした。朝から夜遅くまで働き、女手ひとつで育ててくれた母親に感謝は尽きない。だ...(続きを読む)

    5月27日号

  • 近(こん) 恵子さん

    小型リヤカーを使って、移動しながら中古品の販売を行っている

    近(こん) 恵子さん

    東本郷在住 70歳

    遅くからでも花は咲く ○…昨年、長年連れ添った夫を病気で亡くした。ふさぎ込み、自宅から一歩も出ない日も。「いつまでも落ち込...(続きを読む)

    5月20日号

  • 松田 弘さん

    横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する

    松田 弘さん

    北八朔町在住 82歳

    人に寄り添い、人を運ぶ ○…交通手段がなく、困っている高齢者らのため、地域住民が主体となり運行しているバス。ボランティアと...(続きを読む)

    5月13日号

  • シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

    横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

    シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

    横浜国大出身 43歳

    365日シュウマイ三昧 ○…じわりときていたシュウマイブームが昨年末から一気に加速。最近ではシュウマイ研究家としてテレビ出...(続きを読む)

    5月7日号

  • 大石 洋一さん

    障害のことを伝えるオンラインイベントを企画している

    大石 洋一さん

    十日市場町在住 52歳

    自分の気持ちに正直に ○…自分をコントロールできなくなる躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患「双極性障害」がある。「4人家族...(続きを読む)

    4月29日号

  • 根岸 あすみさん

    まちプラの代表を務める

    根岸 あすみさん

    霧が丘在住 36歳

    「石橋叩かず、猛ダッシュ」 ○…「外国人や子育て世代、高齢者など、霧が丘には、本当に多様な人が住んでいるのです」。そんな様...(続きを読む)

    4月22日号

  • 桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

    長津田地域ケアプラザの所長に着任した

    桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

    青葉区在住 49歳

    福祉でも新スタイルを ○…地域ケアプラザの所長職は3カ所目。「地域の人が困った時、頼ってもらえる場所にしていきたい」と意気...(続きを読む)

    4月15日号

  • 村尾 純(まこと)さん

    4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

    村尾 純(まこと)さん

    相模原市在住 50歳

    寄り添い、一緒に前へ ○…「様々な困りごとを気軽に相談してもらいたい。子どもから高齢者まで多様な人が集う場になれば」と意気...(続きを読む)

    4月1日号

  • 久保田 且男さん

    4月1日に緑公会堂の館長に就任する

    久保田 且男さん

    港南区在住 60歳

    地域への眼差し、熱く ○…「文化や芸術を知って、見て、体験してもらえる場作りを目指していきたい」と意気込む。大学卒業以降ず...(続きを読む)

    3月25日号

  • 宮本 純子さん

    みどりアートパークで「聖地画展2021」を開催する

    宮本 純子さん

    長津田在住 52歳

    希望を与える、これからも ○…自身が長年住んだ国、イスラエルの美しい風景や聖書の世界を水彩画とアクリル画で描く。「テロや戦...(続きを読む)

    3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook