緑区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

緑警察署の署長に就任した 渡邉 晴彦さん 森の台在住 58歳

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

地域住民との会話楽しむ

 ○…初の署長職。着任後、署員に最初に伝えたのは、スピード感を持ち仕事に取り組むことの大切さだ。「自分たちが仕事を先延ばしにすれば、その分、住民が不安になる時間が増えるから」と思いを語った。目指していくのは、区民に身近な緑警察署だ。「警察官の固いイメージを払拭したい。地域住民と共に、安心・安全な街を維持したい」と意気込んだ。

 ○…新潟県生まれ。大学進学のために神奈川県へ。「自分のために学ぶんだから、学費は自分で稼げ」と厳格だった父は言った。卒業までの4年間続けたのは、新聞奨学生。毎朝午前2時に起床して新聞を配る日々。「雨の日は、新聞が濡れると苦情になる。苦労したけど、頑張ったよ」と当時を思い返した。

 ○…「世のため、人のために働きたい」と警察官の道へ。新人の頃、交番の前を段ボールを持って歩く高校生がいた。「何しているんですかね」と上司に尋ねると、「不思議な点あれば、直接訪ねてこい。それが仕事だろ」との返答。「その時以来、住民に積極的に話しかけることが癖になった。「ただ、高校生は文化祭の準備ために段ボールを運んでいただけだったんだけどね」と相好を崩した。住民に寄り添う身近な警察官人生を歩んできたからこそ、街に多くの安心、安全を届けてこられたのだろう。

 ○…最近の趣味は、ウォーキング。今後、四季の森公園などを歩いて巡りたいのだという。毎日、腕に付けているのは、フィットネス製品「fitbit」だ。「これで、どれくらい歩いたかとか、いろいろ健康のことを管理できるんだよ」と説明してくれた。「実はね」と続け、「娘が父の日にプレゼントしてくれたんだよ」と優しい父親の笑顔を花咲かせた。

緑区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

大石 洋一さん

障害のことを伝えるオンラインイベントを企画している

大石 洋一さん

十日市場町在住 52歳

4月29日号

根岸 あすみさん

まちプラの代表を務める

根岸 あすみさん

霧が丘在住 36歳

4月22日号

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

長津田地域ケアプラザの所長に着任した

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

青葉区在住 49歳

4月15日号

村尾 純(まこと)さん

4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

村尾 純(まこと)さん

相模原市在住 50歳

4月1日号

久保田 且男さん

4月1日に緑公会堂の館長に就任する

久保田 且男さん

港南区在住 60歳

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter