港北区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

北綱小児童 お相撲さんと交流 障害への理解深める

教育

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
力を合わせてぶつかっていく
力を合わせてぶつかっていく

 横浜市立北綱島小学校、北綱島特別支援学校で12日、「ふれあい大相撲」が開かれた。主催した横浜市体育協会は、特別支援学校と個別支援学級、普通学級の児童たちが相撲を通じて障害に対しての理解を深めてもらうことを目的としている。

 元横綱・北勝海(ほくとうみ)関(現八角親方)と同部屋の3力士が登場すると、子どもたちからワッと歓声が上がった。体育館の壇上に上がった力士たちの四股を踏む姿や、稽古を実演する一挙手一投足に目を輝かせる姿が見られたほか、取組体験では、みんなで力を合わせてぶつかっていく場面もあった。質問コーナーでは、一回の食事の量を聞かれた八角親方が「丼7杯ぐらい」と答えると大きなどよめきが起きた。

 八角親方は、児童たちに「力士は毎日稽古を積み重ねて強くなっていく。みんなも勉強や運動をコツコツ積み重ねて、粘り強さをもった立派な大人になってほしい」とメッセージを送った。取組を行った隠岐の海関は「小さな子や、障害を持った子からも力強さを感じ、こちらも元気をもらえた」と語った。

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook