港北区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

師岡の市民団体 市の助成対象に選ばれる エコで地域交流の場創出

文化

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
エコストーブを利用しコーヒーを楽しむメンバー
エコストーブを利用しコーヒーを楽しむメンバー

 横浜市の助成金制度「2017年度ヨコハマ市民まち普請事業」で、港北区の「熊野の森もろおかスタイル(肥後貴美子代表)」が助成対象に選定された。

 同団体は師岡熊野神社近くの空き地で活動しており、高さ50cmほどのオイルなどの液体を入れる缶に手を加えた手作りの調理用のエコストーブや、太陽光を集めて湯を沸かすエコ装置などを使用した朝食会を定期的に開催している。

 今回助成対象に選ばれたのは、活動場所である約240平方メートルの空き地を整備し、地域住民にエコ体験ができる場を提供する「エコステーション」のアイデア(助成金300万円)。設置したウッドデッキ上で、エコ装置で調理した自給自足の料理を振る舞うことで地域住民の交流の場を作り出す。また、ソーラーパネルを使い電気を生み出すことで、災害時にも対応でき、気軽に防災体験も行えるという。

 代表の肥後さんは「今年の9月にはオープンできるように進めていきたい。エコを身近に感じながら、みんなが笑って過ごせるような場が作れれば」と話す。

港北区版のローカルニュース最新6

「死」から「生」考える

「死」から「生」考える 社会

僧侶と医療従事者が対談

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

ブラサカを体験

菊名小児童

ブラサカを体験 スポーツ

区出身・落合啓士さんが指導

1月23日号

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ 文化

新羽町 西方寺で

1月23日号

小売店でフードドライブ

市資源循環局

小売店でフードドライブ 社会

食品ロス削減へ

1月23日号

地域の健康を守る

区医師会

地域の健康を守る 社会

新年合同班会

1月23日号

感謝の想い、歌に乗せて

感謝の想い、歌に乗せて 文化

日吉出身・須田寛太さん(22)

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク