港北区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

師岡の市民団体 市の助成対象に選ばれる エコで地域交流の場創出

文化

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
エコストーブを利用しコーヒーを楽しむメンバー
エコストーブを利用しコーヒーを楽しむメンバー

 横浜市の助成金制度「2017年度ヨコハマ市民まち普請事業」で、港北区の「熊野の森もろおかスタイル(肥後貴美子代表)」が助成対象に選定された。

 同団体は師岡熊野神社近くの空き地で活動しており、高さ50cmほどのオイルなどの液体を入れる缶に手を加えた手作りの調理用のエコストーブや、太陽光を集めて湯を沸かすエコ装置などを使用した朝食会を定期的に開催している。

 今回助成対象に選ばれたのは、活動場所である約240平方メートルの空き地を整備し、地域住民にエコ体験ができる場を提供する「エコステーション」のアイデア(助成金300万円)。設置したウッドデッキ上で、エコ装置で調理した自給自足の料理を振る舞うことで地域住民の交流の場を作り出す。また、ソーラーパネルを使い電気を生み出すことで、災害時にも対応でき、気軽に防災体験も行えるという。

 代表の肥後さんは「今年の9月にはオープンできるように進めていきたい。エコを身近に感じながら、みんなが笑って過ごせるような場が作れれば」と話す。

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook