港北区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

大豆戸・菊名 熱々道路も水で涼しく 打ち水大作戦

文化

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
車道に向かって打ち水をする子どもたち
車道に向かって打ち水をする子どもたち

 強い日差しが降り注いだ8月9日、大豆戸桜田公園の周辺で大豆戸菊名打ち水大作戦が行われた。

 打ち水は、現在暗渠となっている大豆戸菊名用水路(菊名川)に沿って行われた。大豆戸・菊名地区の小学校に通う児童や近隣保育園の園児、住民などが参加。子どもたちが自ら汲んだ災害用の井戸水が使われた。

 同イベントの実行委員長であり、大豆戸町内会の篠崎元彦会長による太鼓の合図で打ち水開始。歩道に一列に並び、思い思いに水をまく。それぞれの柄杓の先から、弧を描くように飛び交っていた。すると不思議なことに、徐々に周辺の温度が下がっていくのが体にも伝わってくる。打ち水前と後の温度を測ると、最高40度から37度と3度も下がっていた。今年初めて参加したという羽菜ちゃん(5歳)は、力いっぱいに水をまき、「楽しかった」とはにかみ笑顔で話した。

 篠崎会長は「温暖化を学んでもらい、一緒に”地球を冷やそう”というモットーで始めました。打ち水の効果を実際に体感してもらえれば」と語る。

 打ち水の後は、八杉神社の境内で太鼓の演奏とスイカパーティー。太鼓の軽やかな音色とみずみずしいスイカで夏を満喫していた。大豆戸小の教諭による温暖化対策勉強会も行われ、児童は、地球が抱える問題を真剣な表情で学んでいた。

港北区版のローカルニュース最新6

音の旅から絵を紡ぐ

音の旅から絵を紡ぐ 社会

大倉山でコンサート

6月17日号

市が返礼品募集

ふるさと納税

市が返礼品募集 経済

6月30日まで

6月17日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

7・8月対象日が特別料金

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

横浜出身関取は22年ぶり

6月17日号

桃色の珍花が色づく

桃色の珍花が色づく 社会

下田町・望月さん

6月17日号

ポステコグルー監督が退任

横浜FM

ポステコグルー監督が退任 スポーツ

15年ぶりⅤの立役者

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter