港北区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

松の川遊歩道の会 下田小で稲刈り 小雨の中、干す作業も

教育

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 10月14日、下田小学校(宮本仁志校長)5年生の全クラスで稲刈りの体験授業が行われた=写真。

 同小学校での稲作学習に全面協力をしているのが、松の川遊歩道の会(田邊美紗代会長)。同小に隣接する緑道で自然保護活動を行っている団体だ。コンテナを利用したミニ田んぼを準備し、6月には田植え授業を行った。その後、水やりなどの田んぼの管理も同会がサポートしてきた。

 14日当日は、あいにくの雨だったが、ミニ田んぼの上にブルーシートを設置し、立派に育った稲を各クラスごとに刈る作業を行った。児童らは同会のメンバーに、鎌の使い方を教えてもらいながら、稲を刈り、刈った稲をワラで結んで、干す作業までを行った。

 5年1組の野澤聡子教諭は「お米は脱穀など行う予定だが、ワラも再利用して何かつくりたい」と、今後の学習予定を述べていた。

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

「おさんぽ」で交流

北新羽

「おさんぽ」で交流 社会

市民団体と園児ら

5月26日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

横浜市会、13日本会議で

5月26日号

自然の大切さ知って

自然の大切さ知って 文化

松の川緑道まつり

5月26日号

子ども店員が「駄菓子屋」

大倉山おへそ

子ども店員が「駄菓子屋」 社会

オープンガーデン連動で

5月26日号

関東大会へ進出

関東大会へ進出 スポーツ

大豆戸FC U―15

5月26日号

命守る泳ぎを学ぶ

命守る泳ぎを学ぶ 文化

横浜北YMCAで6月19日

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook