港北区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

篠崎元彦さん 教育委員会から表彰 大豆戸小の教育支援に

教育

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を手にする篠崎さん(左)と黒崎校長
表彰状を手にする篠崎さん(左)と黒崎校長

 大豆戸町在住の篠崎元彦さんは4日、平成29年度横浜市教育委員会表彰を横浜サイエンスフロンティア高等学校で受けた。

 篠崎さんが受賞したのは「成人の部・地域協力者」で、永年の学校教育活動貢献者に送られるもの。篠崎さんは、大豆戸町内会会長となった15年前から大豆戸小学校児童の登校支援を継続的に行ってきた。篠崎さんを推薦した同小学校の黒崎一枝校長によると、ほぼ毎日児童の見守りを行ってきたという。

 また、同校1年生に対してメンコやけん玉、こま回しなどの昔あそびを教えるほか、3年生に対して大豆を植えて枝豆を収穫するまでの体験をする「まめどまめ大作戦」を実施するなどの学習支援も行っている。

 さらに、「大豆戸菊名打ち水大作戦実行委員会」主催の同イベントでは、地球温暖化を認識してもらおうと児童に参加を呼び掛け、環境教育にも貢献していることなどが評価された。夏場に行われる打ち水では一時的にアスファルトの温度が2〜4度下がる。篠崎さんは「自分たちにもできるエコに気づいてもらえれば嬉しい」と話す。

 黒崎校長は「篠崎さんなしでは大豆戸小の教育活動はたちゆかないといっても過言ではない」と、感謝の言葉を送った。受賞後の8日には同小で在校生553人が集まり「ありがとう集会」を実施。篠崎さんのほか30人ほどの地域ボランティアが参加したという。

 「今後も地域の輪を作っていきたい」と篠崎さん。

港北区版のローカルニュース最新6

「死」から「生」考える

「死」から「生」考える 社会

僧侶と医療従事者が対談

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

ブラサカを体験

菊名小児童

ブラサカを体験 スポーツ

区出身・落合啓士さんが指導

1月23日号

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ 文化

新羽町 西方寺で

1月23日号

小売店でフードドライブ

市資源循環局

小売店でフードドライブ 社会

食品ロス削減へ

1月23日号

地域の健康を守る

区医師会

地域の健康を守る 社会

新年合同班会

1月23日号

感謝の想い、歌に乗せて

感謝の想い、歌に乗せて 文化

日吉出身・須田寛太さん(22)

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク