港北区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

コラム 愛着と定住願望は反比例? 神奈川・鶴見・港北

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市では45年前から毎年、市民意識調査を実施している。外国人を含む18歳以上の市内居住者3200人を対象とした今年度の回答者は、市全体で2316人、神奈川区128人、鶴見区156人、港北区217人。市内最多人口数の港北、3位の鶴見、6位の神奈川と上位を占める横浜北東3区における、住民の地域への意識をひもといてみる。

暮らしと愛着

 「今のお住まいや周辺の環境をどのように感じていますか」という質問に対し、市全体では79・5%が「暮らしやすい」または「どちらかというと暮らしやすい」と回答。それに比べ、神奈川区83・6%、港北区82・0%と平均を上回ったが、鶴見区は77・6%と下回る結果に。さらに居住地区への愛着に関して、「愛着を感じている」と答えた人は市平均で67・8%と7割近く。暮らしやすさと同様、神奈川区69・5%、港北区72・8%と市平均を超えたものの、鶴見区は56・4%と下回った。居住者からは「横浜にも都内にも出やすい。愛着あり(20代女性・神奈川区)」「赤ちゃんからお年寄りまで住みやすい(40代女性・港北区)」「交通の便が良い。愛着はそこそこ(50代女性・鶴見区)」との声が上がっている。

定住意向は真逆

 定住意向に関しては、「住み続ける」「たぶん住み続ける」と答えた人が市平均は66・6%。それに対し鶴見区は70・6%と平均超え。一方、港北区は63・6%と平均以下、神奈川区は市内18地区で最下位の59・4%と大きく下回った。暮らしやすさ、愛着と相反する結果だが、移転理由(市全体)の2割弱を占める「就職・転勤」や「家・マンションの購入」の該当者が多数派なのだろうか。

 子どもや子育て世代が比較的多い3区。住みやすさに拘わらず、定住・移住の選択はこれからという人も多いのかもしれない。

港北区版のローカルニュース最新6

「IR、横浜のために議論を」

「IR、横浜のために議論を」 政治

新春の集いで酒井市議

2月13日号

2連覇へ、必勝祈願

横浜F・マリノス

2連覇へ、必勝祈願 スポーツ

リーグ開幕戦は23日

2月13日号

親子で遊ぶトレッサ野原

親子で遊ぶトレッサ野原 教育

2月20日・21日10時〜

2月13日号

「信頼される活動続ける」

「信頼される活動続ける」 政治

新春つどいで嶋村県議

2月6日号

春のジャズフェスタ

3月22日、大倉山記念館

春のジャズフェスタ 文化

2月6日号

「北西線」全線を初公開

市・首都高共同事業

「北西線」全線を初公開 社会

開通は3月22日

2月6日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク