港北区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

車椅子でサッカー 横浜ラポール

スポーツ

ボールを取り合う選手たち
ボールを取り合う選手たち
 横浜マリノス株式会社は10月6日、7日に「横浜F・マリノスカップ 第16回電動車椅子サッカー大会」を横浜ラポールで開催した。

 電動車椅子サッカーは1チーム4人。足元に「フットガード」と呼ばれるガードをつけてボールを蹴る。車椅子の最大時速でカテゴリーが分けられ、時速10キロの部に6チーム、同6キロの部に4チームがエントリーした。

 試合は、各選手が車椅子を巧みに操り、時には球際で激しく争い、会場は熱気に包まれた。「仲間と息の合ったプレーができた時が一番の喜び」と語るのはYokohama Crackersの一員として出場した三上勇輝選手。「地元で大きな大会があるのは嬉しい」と笑顔を見せた。

 地域への電動車椅子サッカーの普及をめざし、会場では電動車椅子の体験会も行われた。横浜マリノス(株)の佐々木伸一氏は「障がいの有無や性別、年齢を問わず参加できるのが電動車椅子サッカーの魅力」と語り、体験会では健常者と選手でのパス交換等も行われた。

港北区版のローカルニュース最新6件

新横浜障害年金相談センター

うつ病・脳梗塞・糖尿病・がんなど幅広い障害が「障害年金」対象 無料相談開催中

http://shinyokohama-shogai.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク