港北区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

JA横浜 春の支店まつり 地産地消で地域に恩返し

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
行列ができた宝舟のお宝分け
行列ができた宝舟のお宝分け

 JA横浜港北支店と小机支店は5月18日、「JA横浜 春の支店まつり」を開催した。

 地元でとれた新鮮野菜の販売に加えて、つきたてのお餅や手作りお赤飯などが会場となった港北支店を埋めた。子どもくじやスーパーボールすくいなどの露店では、小さな子どもたちの笑顔が広がった。大曽根在住で昨年に続いて訪れた後藤さん家族は、「くじでお菓子をもらえて、子どもも嬉しそう」と6歳の愛娘とまつりを楽しんだ。

 また今回は、会場に大きな宝舟も登場。舟の前で行われたお宝分け(野菜配布)にはたくさんの人の列が並んだ。「農協は地域の人々の支えで成り立っているので、恩返しをしたい」と語るのは、宝舟を作ったJA横浜理事の松本勝彦さん。今年は例年の約3倍となる3000人ほどの地域住民が来場。新鮮な食材の香りと参加者の熱気が会場を彩った。

大正堂 新横浜店 

世界の手織絨毯が一堂に 特撰手織絨毯展 5月31日~6月2日 アウトレットも

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

禁煙外来やっています

内科・小児科・循環器科・アレルギー科・皮ふ科のたかみざわ医院

大倉山駅徒歩2分のクリニック

高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病を中心とした疾患の予防にも注力

https://www.okurayama-naika.com/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

令和最初の「こうほく第九」

令和最初の「こうほく第九」 文化

12月1日 港北公会堂で

11月14日号

あへあほ体操体験会

あへあほ体操体験会 スポーツ

17日(日)、錦が丘

11月14日号

「難民の子を救いたい」

太尾小5年1組

「難民の子を救いたい」 教育

服のチカラプロジェクト

11月14日号

ギャラリーで生演奏

大倉山・秋芸開会式

ギャラリーで生演奏 文化

大倉山ときめき音頭 披露

11月14日号

命名パートナーを募集

命名パートナーを募集 社会

県民ホールなど13施設

11月7日号

やすらぎコンサート

備えあれば憂いなし

備えあれば憂いなし 社会

綱島東で防災訓練

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク