港北区版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

プロ野球ドラフト 夢の舞台へ、第一歩 慶大から2人が指名

社会

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena
笑顔の木澤選手(右)と佐藤選手(提供=慶應スポーツ新聞会)
笑顔の木澤選手(右)と佐藤選手(提供=慶應スポーツ新聞会)

 プロ野球のドラフト会議が10月26日に行われ、区内からは慶應義塾大学(日吉)から2人が指名を受けた。学生時代の積み重ねを糧に、夢のプロの舞台での活躍が期待される。

開幕1軍へ

 東京ヤクルトスワローズからドラフト1位で指名を受けたのは、チームで副将も務める木澤尚文投手。慶應義塾高校出身で、最速155キロのストレートが武器の東京六大学でも屈指の本格派右腕だ。140キロを超えるカットボールにも定評があり、即戦力として期待される。1巡目での指名には「驚きと同時に、期待に応えたいという強い気持ちが芽生えた」と振り返った。

 日吉にある行きつけの定食屋『とらひげ』は「ご飯を食べるだけではなく、色々な相談にも乗ってもらった。第二の実家のような存在」と話す木澤選手にとって、ヤクルトの本拠地・神宮球場は大学時代を過ごした思い出の球場。「開幕1軍を目標に。年間を通してチームのために投げ続けられれば」と、1年目から慣れ親しんだマウンドでの活躍を誓った。

ケガを乗り越え

 佐藤宏樹投手は、福岡ソフトバンクホークスから育成ドラフト1巡目で指名を受けた。150キロ超の直球に加え、切れのあるスライダーで奪三振を奪う実力派左腕。今年10月に肘の手術を受け来季はケガの治療となることが濃厚で、2022シーズンでのデビューを目指す。指名については「正直、浪人をする覚悟だったのでホッとした」と安心感を口にした。3年連続日本一のチームでのプレーに「まずはケガを治して支配下登録を目指したい」と意気込みを口にした。

港北区版のトップニュース最新6

今年は現地とオンライン

港北オープンガーデン

今年は現地とオンライン 社会

密集防止策講じ開催予定

1月21日号

コロナ禍に区内で増加

シェアオフィス

コロナ禍に区内で増加 経済

個室型が好評

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

グランプリ目指して

ミス日本コンテスト

グランプリ目指して 社会

綱島在住 小林優希さん

1月14日号

「コロナに負けない港北へ」

「コロナに負けない港北へ」 政治

栗田区長 区政を語る

1月7日号

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク