港北区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

港北区内のフリマアプリ 「キャロット」登場

経済

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
キャロットのスマートフォン画面(写真上)とロゴ=提供
キャロットのスマートフォン画面(写真上)とロゴ=提供

 港北区の地域住民同士 が中古品を売り買いできるフリーマーケットアプリ「キャロット」の運用が始まっている。現在、利用者が500人ほどとなり、本格的に住民同士の売買の利用ができるようになった。

 アプリは今年の2月にリリース。ユーザーは区内住民であることから、商品の取引はチャット機能で相手と相談し、直接会って受け渡すのが特徴だ。登録の際は居住地が港北区であることをGPS機能で証明する「マイタウン認証」が必要。さらに30日ごとに居住地の再認証を行うことで安全性を高めているという。

 運営するのは韓国を拠点に5カ国で計2150万人のユーザーを持つグローバルアプリ企業「タングンマーケット」。フリーマーケットを通して人と人とのつながりを深めようとサービスを展開している同社が、「近所付き合い」という言葉が元々ある日本で新たな形で地域のつながりをつくれればと、日本国内では初めて港北区で開始した。

 利用者は育児中の母親が多く、取引を通じ「ママ友ができた」という声もあるという。港北区で限定オープンしたことについて、担当の関根美紀さんは「港北区は地域の人同士のつながりがあると同時に、転入者が多く取引の需要も見込まれる。転入してきた人もアプリを通じて地域の人と出会ってもらえれば」と話している。

 アプリのダウンロード、詳細は【URL】https://karrot.customlinks.appsflyer.com/dFbu/cb52a951を参照。

港北区版のローカルニュース最新6

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月10日号

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ 文化

笑い、涙ありのトーク会

6月10日号

防火ポスター作品募集

港北消防署

防火ポスター作品募集 教育

対象は小学生以下

6月10日号

初夏のせせらぎ緑道を辿る

初夏のせせらぎ緑道を辿る 社会

7月3日、ガイドツアー

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter