港北区版 掲載号:2021年8月12日号 エリアトップへ

妙蓮寺 キッチンカーで地域活性 中華・洋食など日替わり

社会

掲載号:2021年8月12日号

  • LINE
  • hatena
キッチンカーの中から笑顔を覗かせる粂田さん
キッチンカーの中から笑顔を覗かせる粂田さん

 住まいの松栄(酒井洋輔代表取締役社長)はこのほど、オープンスペースを活用した「妙蓮寺market」をスタートした。日替わりで中華やイタリアンなどのキッチンカーが登場するもの。コロナ禍でランチやテイクアウト需要の高まりもあり、酒井さんは「出店者もお客さんも楽しんで、地域に新しい賑わいを」と期待を寄せている。

東急(株)の協力

 キッチンカースペースがあるのは、横浜妙蓮寺郵便局の駐車場の隣。中華やイタリアン、野菜の販売など6店舗が日替わりで毎日出店する。

 プロジェクトのスタートは約半年前。周辺で開催されていたキッチンカーが終了し、利用客としても接点のあった同社の広報・中山礼美さんが相談を受け「なんとか場所を変えて続けられないか」と動き出した。キッチンカースペースは、実は東急株式会社が所有するマンションの駐車場の一部だったが「沿線の街づくりのために」と提供を快諾。「東急さんの協力あってこそ」と酒井さんも感謝を口にする。

コロナ禍に負けず

 1960年の創業以来、妙蓮寺に根差した不動産業を展開している住まいの松栄。そんな地域をよく知る酒井さん曰く「妙蓮寺は、都内やみなとみらいに出勤している人が多いエリア。コロナ禍の在宅勤務などで、日中人口は増加しており、ランチやテイクアウトの需要も高まっている」という。そこでキッチンカーも「せっかくなら以前よりもパワーアップして」(中山さん)と、人脈を頼りに参加を募り元々の3店舗から倍増して6店舗での実施となった。横浜駅周辺や横浜市外に店舗を構える出店者もあり、「コロナ禍で制限が厳しい飲食店にとっても新しいエリアへの進出になるほか、地元の人にとっても美味しいお店が身近に来てくれるのは嬉しいはず」と期待を寄せる。

 毎週月曜日に出店しているのは、中華の「五龍圓」。店主の粂田崇宏さんは、西区でディナーでワインと料理を楽しむ店を営んでいたが、コロナ禍で営業ができないこともあり、プロジェクトに加わったという。人気のメニューは、店では出ないテイクアウト限定の「魯肉飯」。「この機会に妙蓮寺の人々にもウチの味を知ってもらえれば」と笑顔を見せた。

 今後は、新型コロナ対策はもちろん、猛暑での熱中症対策など安全面に注意しながら継続していく予定。酒井さんは「出店しているお店でコラボしたイベントなども考えられる。今回生まれたつながりで、新たな賑わいを地域に創出したい」と先を見据えた。

出店情報等はコチラ
出店情報等はコチラ

港北区版のトップニュース最新6

国土交通大臣表彰に選出

篠原町「花と緑の会」

国土交通大臣表彰に選出 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月12日号

時を超え、変わらぬ思い

大倉精神文化研究所

時を超え、変わらぬ思い 文化

創設90周年迎える

5月5日号

日吉の本だな、順調な船出

日吉の本だな、順調な船出 社会

企画展示等で親しみも

5月5日号

おさんぽМAPで交流促進

北新羽の地域団体

おさんぽМAPで交流促進 社会

5月にはウォーキング企画

4月28日号

女性の活躍視野に新計画

横浜市

女性の活躍視野に新計画 社会

企業後押しも狙い

4月28日号

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

https://myorenji.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook