都筑区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

6月3日に第34回ベスト・ファーザーイエローリボン賞を受賞した 大竹 秀之さん 都筑区在住 47歳

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena

「迷わない道づくりを」

 ○…素敵なお父さんに相応しい人が選ばれるベスト・ファーザーイエローリボン賞。6月3日に授賞式が行われ、スポーツ部門で受賞した。208cmの長身を武器に元全日本男子バレーボールの代表として五輪出場を果たし、自身の長女と長男も揃ってバレーの全日本選手として活躍。さらに東京五輪の集中強化選手に選ばれたことなどが評価された。「子どもが好きなことを続けてくれたからこそ。子どもにもらった賞だと思っている」

 ○…2人の子どもは第一線でプレーする父の姿を見て育ち、いつしか自然と同じ道へ。バレーという共通の話題があったため反抗期もなく育った。成長した2人が家を離れてもまめに連絡を取り合い、相談にのるなど父親らしい一面を見せる。「本人がやりたいことを、やりたいように」という心構えで我が子と向き合ってきた。それは日本バレーボール協会の発掘育成委員として将来を担う選手を育成する今、現場での指導に活かされている。「若い選手の発想力を育てたい。自分で上手くなろうという気持ちを持ってほしい」

 ○…生まれ持った身長を生かそうと始めたバレー。学生の頃の厳しい基礎トレーニングや、全日本選手時代に年間200日以上も遠征する日々を乗り越えられたのは、バレーが好きという気持ちがあったから。「好きだから上を目指せた。五輪出場の喜びや素晴らしさ、世界の広さを若手に伝えたい」と熱い思いを語る。かつては選手、今は指導者としてバレーに携わり自身の経験を後世に伝える。

 ○…都筑に住まいを移して20年ほど。「地域のつながりも深く、子育てしやすい街」と印象を話す。サイクリングが好きで、栄養士の妻が作った弁当を持参し家族で公園に出かけたことも。我が子にも若手選手にも「悩んだ時に迷わない道を作っていきたい」。日本バレー界を背負う若者たちの支えとなり、その歩む道を照らしていく。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

鳴海 由紀子さん

子育て支援センター「ポポラサテライト」のセンター長を務める

鳴海 由紀子さん

茅ケ崎中央在住 52歳

11月7日号

吉野 智子さん

家庭文庫「すぎのもりぶんこ」の代表を務める

吉野 智子さん

大棚町在住 51歳

10月31日号

日野 正胤さん

勝田山 最乗寺でカルチャー教室を企画する僧侶の

日野 正胤さん

勝田町在住 44歳

10月17日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

10月3日号

山根 越夫さん

認知症の妻の介護体験談を区内各所で語る

山根 越夫さん

葛が谷在住 70歳

9月26日号

澁谷 正明さん

みなもブロックを製作した第一フォーム(株)の代表を務める

澁谷 正明さん

都筑区在勤 52歳

9月19日号

大嶋 亜季さん

自身初となるワンマンライブを開催した

大嶋 亜季さん

中川中央在住 23歳

9月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク