都筑区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

メゾンふじのき台 団地集会所にカフェ開設 多世代交流拠点を目指す

社会

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
会話を楽しむ利用者
会話を楽しむ利用者

 茅ケ崎南MGCRS地区社会福祉協議会(荒田敬道会長)は4月3日、港北ニュータウンメゾンふじのき台の集会所内に多世代交流カフェ「憩いの場」をオープンした。

 1989年に建築されたメゾンふじのき台は、19棟・約1100世帯が生活する集合住宅。統計データによると同地区住民の平均年齢は2000年の33・8歳に対し、15年時点では42・3歳になり、築年数を重ねるにつれて高齢化が進んでいた。一方で完成当時の入居者が退去し、子育て世代に入れ替わる世帯もあった。

 こうした現状を受け、荒田会長は子どもから高齢者まで交流できる居場所づくりを検討。UR都市機構が集会所の改修工事を実施し、先月の完工を受け、今回のカフェ開設に至った。

「安心できる場所」

 「憩いの場」は同地区社協ボランティアにより、毎週火曜の午後1時〜5時に開催。参加費100円でコーヒーやお茶、菓子を楽しみながら、介護や子育てなどの話をしながら利用者が交流する拠点だ。

 2回目の開催となった4月10日には、地域住民ら約30人が参加。2歳の子どもと訪れた市川佳子さん(43)は「子育ては大変。まちに住む方が面倒を見てくれたりするので、安心できる場所」と話し、片岡寿美子さん(91)は「家にいても話し相手はテレビだけ。多くの方と交流できてうれしい」と語った。

 荒田会長は「もっとたくさんの人が参加できるイベントを企画していきたい。人と人との輪が広がってもらえれば」と思いを述べた。

 (問)荒田会長【電話】045・942・5826

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

販促・記念グッズに

オリジナルエコバッグ

販促・記念グッズに 文化

自治会、学校、店舗などで好評

9月23日号

若者の接種、加速化へ

横浜市

若者の接種、加速化へ 社会

当初計画を前倒し

9月23日号

車上ねらいに注意

【Web限定記事】都筑警察署管内 犯罪・事故発生状況

車上ねらいに注意 社会

車内に貴重品を置いたままにするのは危険です

9月23日号

建設業協会が職域接種

建設業協会が職域接種 社会

希望者1000人に

9月23日号

子どもに科学の楽しさを

子どもに科学の楽しさを 社会

NPOがスタッフ募集

9月23日号

Webで合同面接会

Webで合同面接会 経済

市企画、10月22日

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook