都筑区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

横浜市初の女性特別救助隊員として仲町台消防出張所に勤務する 友岡 杏奈さん 平塚市在住 26歳

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

”人命救助”の夢つかむ

 ○…市内各区に配置される特別救助隊の中で、唯一の女性隊員として災害現場で奔走。初めから体力や筋力が備わっていたわけではない。救助隊の試験に合格するまで6年を要した。「あきらめたこともあった。でも『私は何しにここに来たんだろう』って問い続けた」。ロープワークで手をボロボロにしながら、血のにじむような訓練に耐え、ようやくオレンジ色のユニフォームに身を包んだ。

 ○…兵庫県出身。未熟児で生まれ、幼い頃はよく夜中に病院に運ばれるほど病弱だった。小中学校では陸上部に所属し、走り幅跳びの選手として活躍。「鉄棒や木から落ちて、いつも顔にきずをつくって大会に出ていた」と性格はやんちゃだった。中2の職業体験で「保育士が良かったけど、ジャンケンで負けたから」と消防署に訪問。「『声出せ』とか言われて怖かった。同級生は泣いてましたもん」と厳しい訓練を体験した。そんな中、優しく接してくれたのが救急隊員。「指令がくると顔つきが変わってかっこ良かった」と憧れを抱いた。

 ○…高校卒業後、地元の専門学校に進学。救急救命士の資格を取得した。ある日、学校の研修で災害訓練があり、負傷者役で参加。過酷な状況でも必死に人命検索する救助隊員の姿に「救命士の私が救助隊になれば、現場で直接処置ができるのでは」と救助隊の道を目指すように。「両親は危険な場所で働くことが心配だったみたいだけど、最後は『止めてもやりたいんやろ』と背中を押してくれた」と頬を緩ませる。

 ○…「体を動かすのが大好き」。休日は友人と一緒にキャンプや山登り、海に行くのが息抜き。当直前は江の島1周ランや腕立て伏せ、懸垂などの自主練習も欠かさず行う努力家だ。「女性ならではの気遣いを生かし、様々な現場で活躍したい」

都筑区版の人物風土記最新6

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月21日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

生原 秀将さん

プロバスケットボールクラブ横浜ビー・コルセアーズ主将の

生原 秀将さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

加藤 壽六さん

NPO法人横浜マンション管理組合ネットワーク(浜管ネット)会長の

加藤 壽六さん

横浜市在住 83歳

12月24日号

秋山 利輝さん

秋山木工グループ代表で、来年創業50年を迎える(有)秋山木工代表取締役の

秋山 利輝さん

中川在住 77歳

12月3日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月19日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク