都筑区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長 多賀谷 彰さん 池辺町在勤 51歳

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

仲間こそ人生の財産

 ○…感染症蔓延の煽りを受け、25歳から営む居酒屋が経営難に陥った。「飲食業はいま危機的状況だが、何か新しいことに取り組むチャンスかもしれない」と逆転の発想で、同じくコロナ禍で運営に悩みを抱えていた預かり・学童保育と連携し、宴会場だった2階に「APどろんここぶた」をリニューアルオープンした。遊びの中で個性を伸ばす保育に、自身の本業である「食」と得意の「音楽」要素を加え、地場野菜や果物を使ったおやつを提供したり、楽器に触れる環境を整える。

 ○…青年時代はプロのミュージシャンを目指し、アルバイトをしながら音楽に打ち込んだ。才能を開花させプロ目前のレーベルまでいったが、「音楽の道だけでは限界がある」と家業の飲食業にも目を向け音楽バーの経営を目指した。他店での修業を経て店舗を構えると、経営手腕を発揮しすぐさま大繁盛店に。そこから15年間、1日でビール500リットルが飛ぶように売れた。近年は不景気で先の見えない状況が続くが、苦しい時に出前を取ってくれる大家らの応援を励みに奮闘する。

 ○…音楽に魅了されたのは小学生の時。家のラジオから流れる曲をテープに録音しては聴く日々を送った。高校入学後は友人とバンドを結成し、3年生になると”音楽の甲子園”と評された高校生バンドコンテスト「ホットウェーブ」に出場。上位に選出され、横浜スタジアムでのライブやテレビ出演を果たした。「必死にアルバイトをして初めて買ったベースは今でも宝物です」

 ○…”人生はお金ではなく人”が信念だ。「仲間がいて、家族がいて、最高な音楽と食材があって。それで十分」と明るい笑みを浮かべる。人との関わりを大切に、周囲の人々と助け合いながら、明日も生きていく。

都筑区版の人物風土記最新6

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月19日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

池辺町在勤 51歳

11月12日号

三田 律子さん

つづきっこ読書応援団代表の

三田 律子さん

茅ケ崎南在住 58歳

11月5日号

綿谷 優大さん

センター北フリーパフォーマンスでジャグリングを披露する

綿谷 優大さん

南山田在住 21歳

10月29日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月22日号

石井 将隆さん

ココロはずむアート展実行委員会代表でカプカプ川和所長の

石井 将隆さん

区内在勤 56歳

10月15日号

妙蓮寺墓苑 一般墓地・樹木葬

一般墓石付き98万円~ 樹木葬1区画30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

一流を育てる 秋山木工

第25回職人と丁稚の木工展 開催

https://www.akiyamamokkou.net/

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月29日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第61回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    11月19日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第4回「単焦点レンズと多焦点レンズ、どっちがよいレンズ?」

    11月12日号

  • ICT機器は文房具である

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【11】

    ICT機器は文房具である

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    11月12日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク