旭区版 掲載号:2011年4月28日号
  • googleplus
  • LINE

被災地復興とJリーグ昇格を目指す「コバルトーレ女川」選手 中島 礼司さん 横浜商科大高校出身 31歳

サッカー魂、女川に捧げ

 ○…チーム本拠地の宮城県女川町では、クラブハウスや選手寮が津波の犠牲に。寮の食堂で家族のように慕ったおじちゃん、おばちゃんも帰らぬ人となった。何もかも失った現地で、チーム総出で支援活動に当たった。知人を見つけては、命一つ生き延びることができた喜びをかみしめ合った。

 ○…中学時代はJリーグ開幕もあり、サッカー人気の全盛期だった。旭区の横浜商大高校在学中、恩師の鈴木猛監督の紹介を機に、福島FC(当時JFL)練習生に内定したが、経営難で解散し白紙に。高校を出てすぐ海上自衛隊厚木基地マーカスへ。22歳でヴァンフォーレ甲府(当時J2)に入団し、念願のプロ入りを果たすも1年半で退団。「アマは趣味の延長みたいなもの。生活基盤を稼ぐために昼は働き夜練習するという生活がほとんど」。複数の地域クラブを経て4年前、創立2年目のコバルトーレ女川にやってきた。

 ○…住民票は女川町。09年に選手兼任監督に就任し、1年で悲願の東北リーグ1部昇格を達成した。選手と監督、社員という「3足のわらじ」で結果を出すも、アキレス腱断裂という大きな代償も。監督業に専念し、満足なリハビリもできないまま約2年のブランクに見舞われたが、今後は選手として完全復帰を誓う。「震災で何かをあきらめなきゃいけない人も大勢いる。サッカーを続けることで、町の元気につなげたい」

 ○…女川の隣町、石巻で被災した恋人の丹野夕映子さん(40)とは、この春に結婚を決意。久々の帰郷で両親の辰男さん、かず子さんを驚喜させたのは、連れてきた夕映子さんの姿だった。2人で婚約指輪を買いに行ったときのこと。空調を止めた店内で、汗だくになる女性店員の姿に心打たれた。「東北から離れた首都圏でも、あちこちで節電してることに驚いた」。感謝の一方で、事態の深刻さを被災地の外から再認識した。「日本全体が少しずつでも通常の生活に戻っていけば」
 

旭区版の人物風土記最新6件

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

中野 文雄さん

旭区老人クラブ連合会「かがやきクラブ旭」の会長を務める

中野 文雄さん

2月15日号

今城 竜也さん

本村神明社で3年目を迎えたキャンドルナイトを主催した

今城 竜也さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク