旭区版 掲載号:2012年7月5日号
  • LINE
  • hatena

7月1日に横浜旭ロータリークラブの第44代会長に就任した 山崎 良三さん 保土ケ谷区在住 71歳

苦楽を生涯の道連れに

 ○…「固定観念にとらわれることなく、会を発展させたい」。歴史あるクラブの会長に就任し、今、頭に浮かぶのは「改革」という言葉だ。旭ロータリークラブには40代から80代の幅広い層のメンバーが在籍する。「世間からは敷居が高いと思われているかもしれないが、ロータリーの精神に共感してくれる人であれば大歓迎。第二の人生を考えている人にも呼びかけていきたい」。まだ見ぬ仲間の姿に期待は高まる。

 ○…7年前に保土ケ谷区に引っ越したが、20代から40年間、左近山で過ごした。2人の息子たちは地域の剣道クラブやボーイスカウトに入り、精神面、体力面で大きな成長を見せてくれた。「子どもたちは地域に育ててもらった。元気で素直に育ち、本当に感謝している」。クラブに入会したのも、そんな地域社会への恩返しの思いから。当時の気持ちを忘れず、活動に励む。

 ○…自宅に「山崎建築設計事務所」を構える。請け負う仕事は一般の戸建て住宅をはじめ、マンションやビルなど多岐にわたる。「クライアントに頼まれたものは何でも」とにっこり。会社勤めを経て、30歳で独立し、早42年。独立当初は経営面で苦労したこともあったが、そんな苦労も楽しむことにした。「苦あれば楽あり。苦しさを乗り越えてこそ、初めて達成感を味わえる」。これまでに手掛けてきた建物は数えきれない。その数だけ出会ったクライアントの笑顔が、次の仕事への励みになる。

 ○…48歳から始めたゴルフはなかなか上手くならないというが、大切な趣味のひとつ。これもまた、「苦あれば楽あり」だ。マイペースな性格で、チームを引っ張るのは苦手という。「できれば裏方でいたい」。だが、この一年はそうもいかない。チャリティーコンサートや震災孤児のケアなどやるべきことは多い。「背中を押されたからには、責任を持ってやりますよ」。ゴールの「楽」を目指して、クラブを統率する。
 

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク