旭区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

(PR)

火災共済で住まいの安心を 新規加入キャンペーン実施中

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena
「お気軽にご相談ください!」
「お気軽にご相談ください!」

 秋も深まり、火災が増える季節。建物や家財への備えは心配でも、家計のことを考えると保険等の出費は抑えたい…。

 横浜市民共済は、営利を目的とせず、組合員が互いに助け合う火災共済制度を、昭和31年から行っている。手頃な掛金で火災等の損害に備えることができ、剰余金は利用分量に応じて割り戻される。

 「火災共済」と聞くと、火災だけの保障かと思われがちだが、水漏れや落雷などの損害も対象だ。特に団地やマンションでは水漏れ事故は階下に損害を及ぼしてしまうことも多い。市内の団地に住む契約者は「団地では火災や水漏れがあると、隣近所も被害を受けることになる。皆が保障の備えがあれば、地域の安心にもつながる」と語っていた。

 二俣川駅から近い普及サービスセンターでも説明や契約ができるが、地域担当の職員が直接訪問することもできる。10〜11月は、新規見積りのプレゼントもあるので、この機会に問合せてみてはどうだろうか。

■横浜市民共済生活協同組合/横浜市旭区二俣川1の10の15坂本ビル1階

横浜市民共済生活協同組合

横浜市旭区二俣川1-10-15 坂本ビル1階

TEL:0120-073-204

https://www.yokohamashimin-kyosai.or.jp/others/futa_service.html

旭区版のピックアップ(PR)最新6

支援ロボでより精度を高く

「人工ひざ関節手術」 聖マリ西部病院

支援ロボでより精度を高く

12月2日号

万騎が原の家族葬専用ホール

万騎が原の家族葬専用ホール

 葬儀連載【3】「斎場の選び方」

12月2日号

暮らしとこころの相談会

相談無料

暮らしとこころの相談会

弁護士会、予約受付中

12月2日号

不動産問題に対応

不動産問題に対応

宅建協会が無料相談会

12月2日号

ふるさと納税セミナー

ふるさと納税セミナー

年末駆け込みもOK!ポイントと注意点を解説

11月25日号

土地建物を地域の福祉へ

無料セミナー

土地建物を地域の福祉へ

12月14日、旭公会堂で

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook