旭区版 掲載号:2018年2月8日号
  • LINE
  • hatena

都市鉱山から五輪メダルを 区内4カ所に回収箱

社会

市内68カ所にある回収ボックス
市内68カ所にある回収ボックス
 使わなくなった小型家電を回収し、抽出した金属から2020年の東京五輪・パラリンピックの入賞メダルをつくる全国規模の取り組み「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」。野球・ソフトボールの会場となっている横浜市もこの取り組みに賛同。昨春から市内68カ所に回収箱を設置し、協力を呼びかけている。旭区内には4カ所が設置されている。

 「都市鉱山」とはごみとして廃棄される家電製品に使われている有用な資源のことをいう。過去にもメダルの原材料の一部としてリサイクル金属が含まれた例はあるが、大会組織委員会では東京大会で選手たちに贈られる約5千個のメダルすべてを「リサイクルメダル」としたい考えだ。

携帯電話やデジカメなど

 回収の対象となるのは、携帯電話やパソコン・デジタルカメラ・携帯ゲーム機など。回収箱の投入口(30cm×15cm)に入り、長さ30cm未満の電気・電池で動く製品。

 詳細・問合せは資源循環局業務課【電話】045・671・3819へ。

1/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

桂きもの学院/きもの和五十鈴

1月12日(土)・13日(日)・15日(火)、「無料体験&説明会」

http://jtti.jp/katura/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク