旭区版 掲載号:2018年3月15日号
  • LINE
  • hatena

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した 辺田(へだ) 義雄さん 若葉台在住 82歳

飽くなき思いで上位へ

 ○…河出書房新社が主催する「大人の塗り絵コンテスト」。今回は全国各地から6千点以上の応募があり、旭区内で唯一の入選となった。普段は若葉台中央自治会の老人会「やまゆり会」の大人の塗り絵・切り絵サークルで活動し、仲間とともにコンテストへ応募。「良い絵だと思ったから出したけど、期待はしてなかった。決まった時は『やった』という感じだったね」。作品は3月31日から東京都渋谷区のBunkamuraギャラリーで展示される。

 ○…千葉県出身。物心がついた頃から絵が好きな少年だった。子どもの頃から風景を描くことが好きで「4年生ぐらいの時、朝早く学校へ行って、校長の住む家を描いていたら先生に褒められたんだよ」と思い返して微笑む。中学では教諭と一緒に画家の教えを受けることもあったが、家計を支えるために働きに出たことで絵は断念。それでも絵を描きたい気持ちは抱き続けていた。

 ○…左官業に従事していた父親の影響で、自身も左官の道へ進んだ。「家計のために働き始めたけど、昔は腕が良いと評判で。今でいうスカウトの声がたくさんかかってね」と誇らしげ。経験を積んだ後に自身の会社を立ち上げた。しかし、バブル崩壊後に倒産。「当時は天狗になっていたかも」と振り返るが、苦労を乗り越えた後も知り合いのつてで左官の仕事を続けることができた。「一度覚えた技術は忘れないよ」と職人の顔を見せ、仕事は80歳まで続けたという。

 ○…妻と2人の娘の4人家族。18年ほど前から若葉台に移り住み、現在は妻と2人で暮らしつつ塗り絵や写真をもとにした写生を楽しむ。サークルの創始者が飲み仲間だったことから、5年前の立ち上げ時から参加。時にはアドバイスを求められ、仲間たちからも慕われる。「良い絵が描けても満足することはない。サークルのライバルたちに負けず、次はさらに上を狙いたい」と言葉に力を込めた。

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク