旭区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した 辺田(へだ) 義雄さん 若葉台在住 82歳

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

飽くなき思いで上位へ

 ○…河出書房新社が主催する「大人の塗り絵コンテスト」。今回は全国各地から6千点以上の応募があり、旭区内で唯一の入選となった。普段は若葉台中央自治会の老人会「やまゆり会」の大人の塗り絵・切り絵サークルで活動し、仲間とともにコンテストへ応募。「良い絵だと思ったから出したけど、期待はしてなかった。決まった時は『やった』という感じだったね」。作品は3月31日から東京都渋谷区のBunkamuraギャラリーで展示される。

 ○…千葉県出身。物心がついた頃から絵が好きな少年だった。子どもの頃から風景を描くことが好きで「4年生ぐらいの時、朝早く学校へ行って、校長の住む家を描いていたら先生に褒められたんだよ」と思い返して微笑む。中学では教諭と一緒に画家の教えを受けることもあったが、家計を支えるために働きに出たことで絵は断念。それでも絵を描きたい気持ちは抱き続けていた。

 ○…左官業に従事していた父親の影響で、自身も左官の道へ進んだ。「家計のために働き始めたけど、昔は腕が良いと評判で。今でいうスカウトの声がたくさんかかってね」と誇らしげ。経験を積んだ後に自身の会社を立ち上げた。しかし、バブル崩壊後に倒産。「当時は天狗になっていたかも」と振り返るが、苦労を乗り越えた後も知り合いのつてで左官の仕事を続けることができた。「一度覚えた技術は忘れないよ」と職人の顔を見せ、仕事は80歳まで続けたという。

 ○…妻と2人の娘の4人家族。18年ほど前から若葉台に移り住み、現在は妻と2人で暮らしつつ塗り絵や写真をもとにした写生を楽しむ。サークルの創始者が飲み仲間だったことから、5年前の立ち上げ時から参加。時にはアドバイスを求められ、仲間たちからも慕われる。「良い絵が描けても満足することはない。サークルのライバルたちに負けず、次はさらに上を狙いたい」と言葉に力を込めた。

9月4日 横浜開催セミナー

古くなったアパートのリスクと問題解決セミナー

https://ansapo.jp/semi/1919

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 清美さん

こども自然公園を18年にわたり、撮影し8月19日から募集開始の講座の講師を務める

鈴木 清美さん

南本宿町在住 63歳

8月11日号

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

万騎が原地域ケアプラザで浴衣の着付けと所作講座を行う日本舞踊師範の

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

南本宿町在住 40歳

8月4日号

秋岸 寛久さん

作曲家として今宿地域ケアプラザでクラシック音楽鑑賞講座を行う

秋岸 寛久さん

中希望が丘在住 59歳

7月28日号

吉田 正利さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に7月から就任した

吉田 正利さん

金が谷在住 46歳

7月21日号

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

保土ケ谷区在住 62歳

7月14日号

宮藤 涼一さん

旭区民文化センター・サンハートで銅版画の個展を開いている

宮藤 涼一さん

泉区在住 72歳

6月30日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook