旭区版 掲載号:2018年3月29日号
  • LINE
  • hatena

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した 宮崎 辰夫さん 今宿町在住 53歳

大賞を糧に、新たな作品へ

 ○…二俣川、鶴ヶ峰、上星川を舞台に家族の生活を描いた「橋の記憶」が大賞を受賞。相鉄沿線で暮らしてきた経験や、周りの人々のエピソードなどをもとにした作品だ。募集が始まった8月から10月まではじっくりと構想を練り、執筆に要したのは11月の1週間。「家族の物語を通して、登場人物たちが暮らす沿線の魅力が伝わればと思って書いた。受賞を聞いた時はうれしかった」と頬を緩める。

 ○…鶴見区出身。小学2年時に保土ケ谷区へ引っ越し、その後今宿町へ移り40年以上相鉄沿線で暮らす。沿線の移り変わりを肌で感じ「帷子川は昔と比べて本当にきれいになった」としみじみ語る。読書好きが高じて小説を書き出したのは7年ほど前。これまでにも2つの作品をコンテストに応募したが、結果は振るわず。「何の知識もなく書いて、今思うと恥ずかしい」と振り返り苦笑するが、「本当に書こうと思うなら勉強しないといけないと感じた」。強い気持ちを胸に独学で書き方を学び、今回初めての賞をつかんだ。「この場所というより、なんとなく雰囲気がいいのが相鉄沿線。作品を通してその雰囲気が伝われば」

 ○…もともとは商社に勤務するサラリーマンだったが、30代に入ってから趣味で始めた社交ダンスにのめりこんだ。「競技会で勝ちたいという思いが募って」と明かし、アマチュアから始めるも資格を取得してプロの道へ。教室での指導を経て、今ではフリーの講師として各地で教える。競技にも力を入れていたが7年前に引退し、空き時間で執筆を行うようになった。

 ○…家では2歳の息子の父。「一緒だとなかなか書けないけど、子どもとの時間は思っていた以上に楽しい」と顔をほころばせる。散策が好きで、近所はもちろん鎌倉などにも足を延ばす。今後の執筆にも意欲を見せ「書くならダンスの物語とかがいいかな」。今回の受賞を糧に、新たな作品へと踏み出していく。

旭区版の人物風土記最新6件

土田 直美さん

「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」を始めた南希望が丘中学校の養護教諭

土田 直美さん

2月14日号

白波瀬(しらはせ) 早百合さん

25周年コンサートを開催する旭区音楽家団体「コンセール241」の会長を務める

白波瀬(しらはせ) 早百合さん

2月7日号

熊谷 晃子さん

昨年11月からJICA横浜センターの所長を務める

熊谷 晃子さん

1月31日号

藤田 圭子さん

「ヨコハマやさいレシピコンテスト」で優秀賞を受賞し、地域などで教室を開く

藤田 圭子さん

1月24日号

山岸 弘樹さん

旭区誕生50周年記念事業実行委員会の委員長を務める

山岸 弘樹さん

1月17日号

野並 晃さん

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

野並 晃さん

1月10日号

中学校給食いいね!!

日本共産党横浜市会議員団 かわじ民夫

http://www.kawaji-tamio.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

商店街でまつり

商店街でまつり

24日、左近山

2月24日~2月24日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク