神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2018年5月3日 エリアトップへ

神奈川県立公文書館 ペリー来航時の絵巻など展示 明治維新から150年を記念

文化

公開:2018年5月3日

  • LINE
  • hatena
「金河奇勝」のレプリカと同展の企画に携わった齊藤課長
「金河奇勝」のレプリカと同展の企画に携わった齊藤課長

 2018年が明治150年にあたるのを記念し、神奈川県立公文書館(中尾)で「明治百五十年 神奈川県百五十年 明治維新と神奈川県」が行われている。同館に所蔵されているペリー来航時の様子を伝える絵巻「金河奇勝(かながわきしょう)」のほか、西郷隆盛の書簡など54点の貴重な資料を見ることができる。会期は9月16日(日)まで。

 今回の展示で最も注目されているのが「金河奇勝」。1854(安政元)年のペリーが横浜に来航した時の様子を、幕末の画家・春木南溟が描いたもので、横浜の実業家・山口八十八氏が収集した歴史資料のひとつ。この絵巻を含む1017点の山口氏のコレクションは1978年、同氏の長男・栄一氏により、同館に寄贈されている。

富士ゼロックスがレプリカ製作

 同展開催のきっかけは、伝統文化継承に関する貢献事業に取り組む富士ゼロックス神奈川(株)(西区)から昨年2月ごろ、複製品製作の話があったこと。同館では明治150年に関する事業を検討していた時期だったこともあり「金河奇勝」の複製を依頼した。約1年をかけて完成したレプリカは、同社の高度な印刷技術が生かされ、原本の風合いが再現されたものとなった。

全開展示が可能に

 「金河奇勝」は約15mの絵巻のため、展示スペースの関係もあり、これまで一度に広げて見ることができなかった。展示中のレプリカは、絵巻の軸を取り付ける前の段階のため、これまで不可能だった、すべてを広げて見渡せる全開展示が可能になっている。「明治150年に向けた企画を考えていた時でしたので、ちょうどぴったりのお話をいただき、感謝しております。すでに多くの方に来館いただいていますが、会期も通常より長くなっておりますので、より多くの方に来館していただければ」と企画に携わる齊藤達也課長は話す。会期は9月16日 まで。入場無料。詳細・問い合わせは同館【電話】045・364・4461へ。

旭区・瀬谷区版のトップニュース最新6

19年ぶりに日本選手権へ

瀬谷シニア

19年ぶりに日本選手権へ

チーム力で関東勝ち進む

7月18日

3年連続東日本大会へ

旭区体操・阿部さん

3年連続東日本大会へ

全国出場が目標

7月18日

三ツ境駅南口で映画ロケ

三ツ境駅南口で映画ロケ

公開は25年冬

7月11日

都岡特別救助隊が県1位

消防救助技術指導会

都岡特別救助隊が県1位

引揚救助で関東へ

7月11日

児童虐待対応 過去最多に

横浜市

児童虐待対応 過去最多に

初めて1万4千件超える

7月4日

創立49年で初の全国切符

原クラブ(瀬谷区)

創立49年で初の全国切符

県大会で頂点に立つ

7月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook