旭区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

昨年11月からJICA横浜センターの所長を務める 熊谷 晃子さん 中区新港在勤 54歳

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena

好奇心原動力に国際貢献

 ○…「根岸に住んでいたころとずいぶん違いますね」と、20年ほど前のみなとみらいを振り返る。社宅から都内の国際協力事業団(現・国際協力機構/JICA)の本部に通う車窓越しに眺めていた地は、今や横浜を代表する観光スポットに生まれ変わった。「開港の地である横浜は、先陣を切って世界に窓を開いたところ」と語り「前向きで明るい雰囲気が魅力」と語った。

 ○…開発途上国の社会保障システム構築などを支援する本部の人間開発部から、昨年11月15日付で横浜センターへ。同センターは海外から研修員受入や、国際協力の情報発信、ボランティア派遣、途上国へ進出する中小企業支援、移住者・日系人の支援事業を展開する。なかでも、海外移住の歴史をひも解く資料館は横浜ならでは。小中学校や大学や企業なども学習や研修で訪れる。「移住について正しい理解が広がれば。無料ですのでお気軽にお越しください」と呼びかける。

 ○…大阪府出身、子どものころから好奇心が強く、「海外に興味があった」と大阪外国語大学に進学。仕事で海外を渡り歩いていた祖父に「中国はこれからの国だから」と勧められ、中国語を専攻。両政府の奨学金による交換留学生として1年半、現地で学んだ。就職先に選んだJICAでは中国駐在も経験。近年は名古屋の中部国際センター所長、本部の人間開発部部長を歴任した。

 ○…息抜きは美術館めぐりやクラシックコンサート。風景画や風俗画、静物画が好き。眺めていると、作者の想いが伝わるようで当時の日常の営みに創造力が掻き立てられる。コンサートは「演奏だけでなく楽団員や指揮者の動きを見るのが面白い」とはにかんだ。また休日に味わうワインも楽しみの一つという。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

はだ 一朗さん

舞台俳優で、特殊詐欺の防犯演劇で啓発活動を行う「表現のチカラ」代表を務める

はだ 一朗さん

中白根在住 47歳

9月19日号

監物(けんもつ) 宏之(ひろし)さん

一般財団法人若葉台まちづくりセンターで理事長を務める

監物(けんもつ) 宏之(ひろし)さん

神奈川区在住 61歳

9月12日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月5日号

関 敏幸さん

笹野台中央商店会の新しい会長を務める

関 敏幸さん

笹野台在住 38歳

8月29日号

青崎 有吾さん

区内在住のミステリー作家として旭図書館で講演会などを行った

青崎 有吾さん

区内在住 28歳

8月22日号

阿部 ゆかりさん

サンハート演劇祭で脚本を担当する

阿部 ゆかりさん

上川井町在住 61歳

8月1日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

朗読と映画で楽しんで

旭区

朗読と映画で楽しんで

「セロ弾きのゴーシュ」を上演

10月12日~10月12日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク