旭区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

神奈川県政に「新しい選択肢」を! 立憲民主党 旭区県政担当 須田こうへい

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 厚生労働省の統計不正による「消えた給付金問題」は総額800億にも上ると報じられています。「公平公正な政治」の実現のため、徹底した原因究明と問題解決への取り組みが必要と考えます。

「見える化」の徹底で税金の無駄をなくす

 神奈川県政で公平公正な政治を実現するには、まずは徹底した「見える化(情報公開)」が必要です。県政の予算・決算・事業プロセスをチェックすることで、不正がなくなり、無駄が削減され、新たな財源を生み出して、住民サービスを強化することも出来るでしょう。須田こうへいは特に「子育て世代の徹底サポート」と「高齢者福祉の充実」が重要と考えます。

「完全中学校給食」と「地域包括ケアシステム」を

 共働き世代には必須の美味しい中学校給食と、老後の医療・介護や健康支援を住み慣れた地域で支える仕組みの、国・県・市が一体となっての実現が必要でしょう。

古い政治に新しい風を

 政治は「未来の選択」です。神奈川県議会で改革を実現するには、新しい人材が必要です。鶴ヶ峰に須田こうへい事務所を開きます。ぜひお気軽にお越しください。
 

須田こうへい

横浜市旭区鶴ヶ峰2-9-11 2F-2

TEL:045-444-9444
FAX:045-444-9445

https://www.sudakohei.net/

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版の意見広告・議会報告最新6

「医療的ケア児支援」の充実

市政報告㉞

「医療的ケア児支援」の充実

横浜市会議員 木内ひでかず

5月5日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

身近な課題にもチャレンジ【2】

市政報告㉝

身近な課題にもチャレンジ【2】

横浜市会議員 木内ひでかず

4月7日号

「県民割」再開、28日まで

県議会議員いそもと桂太郎 県政レポート

「県民割」再開、28日まで

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

市政報告

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

3月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook