神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2019年7月4日 エリアトップへ

自販機通して仕事学ぶ 特別支援学校に企業が協力

社会

公開:2019年7月4日

  • LINE
  • hatena

 今年4月、旧左近山第二小学校に開校した左近山特別支援学校(吉田良直校長)。同校では東京キリンビバレッジサービス株式会社の協力で自動販売機を設置し、職業教育に役立てている。

 これは同校の古川晶大副校長が「リアリティのある教材を使って働くことをイメージしてほしい」と、県内で同様の取り組みの実績があった同社へ依頼して実現。6月25日に自販機が設置され、同社社員の説明を受けてから児童生徒は実際に商品を入れる作業を体験した=写真。

 「楽しかった。これからもやっていきたい」と市原稜大さん(11)。安田翔さん(16)は「自販機を見たことはあったけど、入れるのは初めて。何気なく見ているけど、裏でこんな作業があったんだと分かった」と話した。同校では今後も同社の協力を得て、児童生徒が主体となって自販機や商品の管理などに取り組んでいくという。

旭区・瀬谷区版のローカルニュース最新6

障害の有無を問わず、ともに楽しむ「ツナガリウォーク」

無料の起業塾、「YOXOイノベーションスクール2024」参加者募集中

横浜市役所が遊び場に変身する「こどもデー」

立憲民主党 3政令市議で連絡会

立憲民主党 3政令市議で連絡会

都市問題解決、地方分権推進へ発足

4月15日

野点会でお茶 堪能

瀬谷の老人クラブ

野点会でお茶 堪能

40人が伝統体験

4月11日

20日に室内楽演奏会

20日に室内楽演奏会

サンハート、入場無料

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 7月20日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook