旭区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

区内在住のミステリー作家として旭図書館で講演会などを行った 青崎 有吾さん 区内在住 28歳

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena

小説もミステリーも面白く

 ○…地元の旭図書館を舞台にした作品「図書館の殺人」(2016年、東京創元社刊)。作品の裏話などを明かす講演会と事件現場を再現するツアーが先月、旭図書館で行われた。地元での講演会は初めて。作品の舞台を旭図書館にしたことを最初は伏せていたが、「ばれてしまっていた」と苦笑い。ツアーという試みに意外性と新鮮みも感じた。

 ○…父に連れられて、3歳ごろから週1回は旭図書館に通っていた。小学校低学年のときに「ハリー・ポッターシリーズ」をはじめとした海外のファンタジー小説にはまった。「分厚い本を読んでいると偉いと思っていた」。同級生に影響を受け、高校時代からミステリー小説に熱中。アメリカのミステリー作家エラリー・クイーンに憧れ、明治大学進学後はミステリー研究会に所属した。創作をはじめ、文学賞の応募にも挑戦。在学中の12年、母校の希望ヶ丘高校を舞台にした作品「体育館の殺人」で第22回鮎川哲也賞を受賞し、小説家デビューを果たした。

 ○…喫茶店を仕事場に、黙々と執筆活動に打ち込む日々を送る。最初に事件現場を決め、土地柄や背景から登場人物とストーリーを組み立てていく。「現実味や具体性を持たせたい。ミステリーとしても、小説としても面白いものを書きたい」。馴染み深い相鉄沿線を舞台にした作品が多く、「地元の読者にも見当をつけながら読んでもらえたら」と微笑む。

 ○…デビュー当時より作品づくりへのハードルを上げているため、息詰まるときも多々ある。「毎日4000文字のレポートを書いている気分」。映画鑑賞も好きだが、仕事に直結してしまうことから、大好きな甘いもので気分転換。作家同士で美味しいケーキを食べに行くなど、ほっとできる一時を大切にしている。

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

10月10日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

区内在住 38歳

10月3日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

9月26日号

はだ 一朗さん

舞台俳優で、特殊詐欺の防犯演劇で啓発活動を行う「表現のチカラ」代表を務める

はだ 一朗さん

中白根在住 47歳

9月19日号

監物(けんもつ) 宏之(ひろし)さん

一般財団法人若葉台まちづくりセンターで理事長を務める

監物(けんもつ) 宏之(ひろし)さん

神奈川区在住 61歳

9月12日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月5日号

関 敏幸さん

笹野台中央商店会の新しい会長を務める

関 敏幸さん

笹野台在住 38歳

8月29日号

こぱんはうすさくら横浜瀬谷教室

「一緒に子どもたちのコミュニケーション能力を育てるお手伝いをしませんか」

https://www.puramai.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ズーラシアでハロウィーン

ズーラシアでハロウィーン

26・27日、特別ガイド

10月26日~10月27日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク