旭区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

2月23日と24日にサンハートでサックスのリサイタルを開く 千野 哲太さん 笹野台在住 23歳

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

演奏届けて人をつなぐ

 ○…東京藝術大学に在学しながら、地元の笹野台会館で月1回サックスを演奏。卒業を控え2月23日と24日に旭区民文化センター・サンハートでリサイタルを企画した。「これまでの感謝と将来への意志を表す公演。世界一自由に音楽をやる姿を見てほしい」と意気込みを語る。

 ○…笹野台小学校、希望が丘中学校出身。野球が好きな少年だったが、自宅にピアノがあったことで音楽にも親しんで育った。中学で吹奏楽部に入るとサックスを担当。「トランペットをやりたかったけど、サックスの先輩がかわいくて」。きっかけは他愛もなかったが、漠然と「音楽で食べていきたい」という思いは当時から抱いていた。他の部員との考えの違いから途中で退部するが、個人でサックスを習って練習に励み、弥栄高校芸術科へ進学。音楽が専門の環境で「ここでトップになれなきゃ先はない」と、朝から晩まで練習に没頭し、コンクールでの第1位獲得や藝大進学へつながった。

 ○…昨年50周年を迎えた希望が丘中の記念式典・祝賀会には演奏で華を添えた。「たくさん迷惑をかけたけど、節目で演奏できてよかった」。亡き祖父が地区社会福祉協議会に携わった縁で、一昨年から笹野台会館での演奏も開始。自身を小さい頃から知る祖父の知り合いも多く、「『千野さんの孫』から、最近は個人として見てくれるようになってきた」と笑みを見せ、自分の力を地域にも還元する。

 ○…音楽の魅力は「人と人とをつなげること」。昨年には全国47都道府県を巡って自主公演などを行い、自分の演奏を各地へ届けた。「自分が好きな音楽、納得する音楽をやる。その姿をたくさんの人に見てほしい」。音楽家として新たな一歩を踏み出す。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 洋之さん

4月に老人福祉センター横浜市福寿荘の館長に就任した

鈴木 洋之さん

白根在勤 46歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

梶浦 敦さん

ひかりが丘地域ケアプラザで9日まで写真の展示を行う

梶浦 敦さん

上白根町在住 89歳

5月5日号

濱原 由美さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

濱原 由美さん

川井本町在住 53歳

4月21日号

山田 恵子さん

今宿西地域ケアプラザで4月から「手話ダンス」の講座を開催する

山田 恵子さん

今宿南町在住 66歳

4月14日号

植田 和子さん

地域子育て支援拠点「ひなたぼっこサテライト」の責任者に就任する

植田 和子さん

区内在住 

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook