旭区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

旭区独自のあさひボッチャを広める「ボッチャ隊」隊長として活動してきた 古屋 彰さん 白根在住 65歳

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena

世代超え楽しめる競技に

 ○…旭区政50周年を盛り上げる記念認定事業として産声を上げた「あさひボッチャ」。パラ五輪の正式種目で障害者スポーツであるボッチャを区独自の簡単なルールに改め、年齢や性別問わず誰もが楽しめる競技にし発展させてきた。ルール決定や審判育成、普及活動を先導する「ボッチャ隊」が2018年7月に結成され、周囲の推薦で隊長に就任。ボールを持つのも初めてでルールもわからない中、「市内で活動する障害者スポーツの指導者協会の方に一から教わって学びました」

 ○…選手へのアドバイスが禁じられる一般的なボッチャと異なり、区独自ルールでは試合中も会話を楽しめるよう工夫。「カーリングのように戦略的な競技なので、皆と話し合うことでより面白みを感じられると考えたんです」と思いを語る。迎えた本番の区政50周年事業・あさひボッチャ選手権大会では、大会会場などの役目を担う区内13の地区センターやコミュニティハウスの足並みが揃うよう尽力。「ボッチャ隊は昨年解散しましたが、今後も各施設で定着を図りたいです」

 ○…横浜駅徒歩圏で育った生粋のはまっ子。横浜市役所に42年間務め「戸塚駅西口再開発や中央卸売市場の設計などまちづくりに携わった」。元来スポーツ好きで、社会人になると職場でボウリング・テニス・バレーボールの同好会を創設。実業団で試合出場を果たした経験も。「ボウリングはボッチャの投げ方に通じるかも」と笑う。

 ○…現在は鶴ヶ峰コミュニティハウス・上白根大池公園こどもログハウスの館長。「近隣に住む孫が遊びに来てじいじが館長なんだと自慢してくれる」と目を細める。コロナ禍の今、子どもたちに安全な遊び場を提供しようと、日々苦慮してやまない。

旭区版の人物風土記最新6

江下(えした) 光利さん

太鼓祭東日本・北日本大会 大太鼓一人打ちの部で優勝し、12月には「日本一決定戦」に挑む

江下(えした) 光利さん

緑区在住 24歳

9月23日号

木村 祐子さん

「ミセス・グローバル・アース神奈川大会」事務局を務める(有)シュート代表取締役の

木村 祐子さん

上白根町在勤 63歳

9月16日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月9日号

工藤 美代子さん

「みなくる」で開催している紙芝居原画展の展示作品「サッちゃんの馬頭観音」を制作した

工藤 美代子さん

保土ヶ谷区在住 67歳

9月2日号

清水 一二(かずじ)さん

写真家としてパラスポーツを約40年間撮影し続けてきた

清水 一二(かずじ)さん

白根在住 67歳

8月26日号

林 貴子さん

モヤ→キラ委員会@旭の委員長を務める

林 貴子さん

今宿在住 51歳

8月19日号

相鉄不動産販売

新サービス「住んだまま買い取り」引越し不要で自宅を現金化

https://www.sotetsu-re.co.jp/sell/sundamamakaitoriplus/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook