旭区版 掲載号:2022年5月19日号 エリアトップへ

4月に老人福祉センター横浜市福寿荘の館長に就任した 鈴木 洋之さん 白根在勤 46歳

掲載号:2022年5月19日号

  • LINE
  • hatena

安全に楽しめる場へ

 ○…60歳以上の市内在住者が利用できる老人福祉センター横浜市福寿荘。ボイストレーニングや歴史講義、囲碁などの教養や娯楽、健康づくりの場を提供している。4月から館長に就任。管理業務だけでなく、窓口対応で利用者や職員とのコミュニケーションも大事にしており、「現場の意見を取り入れて、業務に反映していきたい」と語る。「市民の皆様にとって、憩いの場としても感じていただけるような施設づくりをスタッフ全員で心がけられれば」

 ○…昨年度末までは福寿荘隣の旭プールの責任者を務めていた。営業前後の点検や人数確認をはじめとする安全管理、施設老朽化の修繕工事などに力を注いだ。「何よりも安全第一」とモットーをかかげ、目に見えない箇所の確認も日々積み重ねてきた。「来ていただいた方々に安全に楽しんでもらいたいですから」と目じりを下げる。

 ○…藤沢市出身。幼少期からアウトドア派で中学・高校は陸上部に所属。休日は自宅周辺をランニングするなど、身体を動かすことが好きだという。小学生の時にオーストラリアのライフセーバーが来校するプール授業で溺れ役を志願。「水中で助けてくれる姿がかっこよかった」。大学卒業後はプール監視員としてスポーツ施設管理会社に就職し、今に至る。「小学生の時の体験が将来の仕事になるとは」としみじみ語る。

 ○…新型コロナの影響で浴室や大広間などの施設利用制限が続く中、今後の運営について他区の老人福祉センターと協議を重ねている。現在の目標は「通常営業に戻すこと」とし、情報交換や利用者の声に耳を傾けているという。「より安全に楽しんでもらえるよう、足並みを揃えて準備を進めていきたい」と意気込んだ。

9月4日 横浜開催セミナー

古くなったアパートのリスクと問題解決セミナー

https://ansapo.jp/semi/1919

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 清美さん

こども自然公園を18年にわたり、撮影し8月19日から募集開始の講座の講師を務める

鈴木 清美さん

南本宿町在住 63歳

8月11日号

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

万騎が原地域ケアプラザで浴衣の着付けと所作講座を行う日本舞踊師範の

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

南本宿町在住 40歳

8月4日号

秋岸 寛久さん

作曲家として今宿地域ケアプラザでクラシック音楽鑑賞講座を行う

秋岸 寛久さん

中希望が丘在住 59歳

7月28日号

吉田 正利さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に7月から就任した

吉田 正利さん

金が谷在住 46歳

7月21日号

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

保土ケ谷区在住 62歳

7月14日号

宮藤 涼一さん

旭区民文化センター・サンハートで銅版画の個展を開いている

宮藤 涼一さん

泉区在住 72歳

6月30日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook