泉区版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

県政報告 公立高校の入試について 神奈川県議会議員 田中しんじ

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウィルス感染症は、子どもたちの学習の機会にも大きな影響を及ぼしています。中でも一番心配なのが、入試にかかわる問題です。

 各学校では3カ月間の臨時休業が実施されました。特に高校受験を控えた中学3年生とその保護者の方は「本来学ぶべき学習内容や、学校の授業でやりきれなかった項目が試験問題に出たらどうしよう」といった入試へのご不安が大きいと思います。学校によって授業の到達度に違いが出ることが、入試の有利不利を左右することがあってはなりません。

 自民党では6月16日の神奈川県議会代表質問で「公平・公正な入試が行われる必要があるのではないか」と桐谷次郎県教育長にこの件を質問しました。

 教育長からは「3年生が受験までの間に中学校で学んできた内容から出題する」との答弁がありました。つまり、出題の範囲を従来よりも絞り込むということです。

出題基準を公表

 県教育委員会では公立中学校長会と連携して、県全体の市町村でバラツキのある授業計画などを照らし合わせ「出題範囲から除く内容」という形で基準を7月3日に公表しました。

 社会、数学、理科に関しては中学3年の1月までにすべてを学ぶことが難しいとして、学習内容の一部単元を出題除外範囲に決定。

 国語、英語については、繰り返し学ぶという特性があるために出題除外範囲を示すことが難しく、また漢字・英単語は教科書によって学ぶ順序もバラバラで公平性が保てないということから、3年生で新たに習う漢字と英単語は除外するとのことです。

 受験は夏の勉強が大切です。コロナ禍でご不安であろう受験生・保護者の皆さんに少しでも寄り添えるように、県教育委員会にも引き続き働きかけて参ります。

田中しんじ

泉区中田南5-59-20

TEL:045-806-1057

http://tanakashinji.jp/

泉区版の意見広告・議会報告最新6

IR誘致で子育て万全に

横浜をチャレンジ溢れる都市に

IR誘致で子育て万全に

元IT担当副大臣 福田 峰之

7月15日号

横浜の未来を語る

特別対談

横浜の未来を語る

企画・制作 ふもと理恵事務所

7月15日号

コロナ禍から国民のいのちと暮らしを守る

コロナ禍から国民のいのちと暮らしを守る

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

7月1日号

「避難指示」で必ず避難を

お答えします! vol.4

「避難指示」で必ず避難を

企画・制作/横山ゆうたろう事務所

6月24日号

歩こう、和泉川健康のみち

お答えします! vol.3

歩こう、和泉川健康のみち

企画・制作/横山ゆうたろう事務所

5月27日号

コロナ第4波から国民を守る、安全確実なワクチン接種の実現を

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter