戸塚区版 掲載号:2014年5月22日号 エリアトップへ

第30回かながわ音楽コンクールのユースピアノ部門で県知事賞を受賞した 嶌田 そよかさん 戸塚町在住 中学2年生

掲載号:2014年5月22日号

  • LINE
  • hatena

向上心が支える演奏

 ○…4月27日に行われた「かながわ音楽コンクール」ユースピアノ部門本選に出場した。普段とは違う緊張感の中での演奏。弾き終えてまず感じたのは「終わった」という安堵感だった。「緊張はしていたけれど、針が振り切れていたような演奏」と、師でもある母が語る通り、結果は中学生の部最優秀賞。さらに幼児から高校生まで876人の頂点である県知事賞に、初出場ながらも輝いた。

 ○…「いつからピアノを始めたかは記憶にないくらい」。母が開く音感ピアノ教室で幼いころから音楽に触れてきた。小学4年生ごろから本格的に練習に打ち込み、初めてコンクールに挑戦したのは6年生の時。日本ベートーヴェンコンクールで全国一位になるなど、好成績を収めてきた。これも厳しい練習のたまもの。母の指導については「今も厳しい」と苦笑いを見せるが、「厳しいのは自分にダメなところがあるということ。自分で直さないといけない」と分析。この向上心が素晴らしい演奏につながっていくのだろう。

 ○…現在、北鎌倉女子学園中学校の音楽コースに在籍中。今回の快挙に学校も喜びに沸いている。この学校を選んだのもやはりピアノのため。自身と同じく音楽の道を目指す友人らに囲まれた環境で、実技の授業や定期演奏会、コンサートなどを通し、技術を高める。「将来は教える側に立ちたい。そのために今は経験を積んで、将来に向かって頑張っていきたい」。夢に重なって見えるのは、母の姿なのかもしれない。

 ○…今回のコンクールでは、上位入賞者の中からさらに若干名に「コンチェルト賞」が授与される。受賞者は10月に予定されているコンサートで神奈川フィルハーモニー管弦楽団と協演する資格が与えられる。このコンチェルト賞に選ばれることが今回の目標でもあったという。受賞者の発表まではあと少し。発表の時を待ちながら、今日も真摯にピアノに向かう。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook