戸塚区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • お手柄警察犬2頭を表彰

    戸塚署

    お手柄警察犬2頭を表彰 社会

    行方不明の女子生徒を発見

     原宿で行方不明となっていた女子生徒(13)を発見したとして、10月8日に戸塚警察署長が、神奈川県警鑑識課の警察犬2頭と同課の警察官2人を表彰した。...(続きを読む)

    10月17日号

  • “第二の人生”を謳歌

    区内まち歩きの会

    “第二の人生”を謳歌 文化

    創立20年超え、活動に勢い

     戸塚を中心にまちの散策や歴史に親しみながら、会員間の交流も深めている「自然大好き・戸塚塾」が設立20年を超えた。月に1度、趣向を凝らした例会を開くなど、活発な...(続きを読む)

    10月17日号

  • 中途障害者の自立に尽力

    上倉田町とつかわかば

    中途障害者の自立に尽力 社会

    脳疾患等の後遺症者 支援

     上倉田町にある中途障害者地域活動センター「とつかわかば」は、脳血管疾患などで起きた後遺症による障害がある人に向け、軽作業や地域交流を通して各々が自立...(続きを読む)

    10月10日号

  • 猛禽類でハト等追払い

    戸塚駅鳥フン害

    猛禽類でハト等追払い 社会

    土木事務所が新対策

     戸塚土木事務所が9月末から戸塚駅東口・西口のハトやムクドリのフン害を改善をしようと、タカなどの猛禽類を活用した鳥の追払いを開始した。同所では3カ月間を目安に試...(続きを読む)

    10月10日号

  • 女子硬式野球部 設立へ

    汲沢の人材コンサル会社

    女子硬式野球部 設立へ スポーツ

    県初の企業チーム誕生に前進

     株式会社GOOD・JOB(汲沢)が県初の女子硬式野球部設立に向け奔走中だ。人材コンサルティング業を展開する同社はこれまで男子社会人野球チームを運営しつつ、選手...(続きを読む)

    10月3日号

  • 10月から加入を義務化

    自転車保険

    10月から加入を義務化 社会

    市内加入率は未だ半数

     神奈川県は10月1日から自転車損害賠償責任保険などヘの加入を義務化した。横浜市も啓発を行っているが、アンケートによると市内加入率は約半数にとどまっているのが現...(続きを読む)

    10月3日号

  • 10年で登録者10倍に

    シニアボランティア事業

    10年で登録者10倍に 社会

    マッチングに課題も

     高齢者がボランティアをした際にポイントが得られ、換金や寄付ができる「よこはまシニアボランティアポイント事業」が10月で10年を迎える。登録者は2万人...(続きを読む)

    9月26日号

  • カステラ製造し、半世紀

    上矢部町横浜文明堂工場

    カステラ製造し、半世紀 文化

    南蛮渡来の味を提供

     上矢部町にある横浜文明堂工場が開設50周年を迎えた。誰もが一度は口にしたことがあろう、南蛮渡来の味・カステラを半世紀にわたり区内から各地に送り出してきた。併設...(続きを読む)

    9月26日号

  • タイワンリスの生態 調査

    舞岡高校科学部

    タイワンリスの生態 調査 教育

    行政と連携し、防除に尽力

     県立舞岡高校の科学部が戸塚土木事務所と連携し、区内公園などで樹皮剥がしの被害を起こしている、タイワンリス(クリハラリス)の調査・分析を進めている。区連合町内会...(続きを読む)

    9月19日号

  • 薬物依存症対策に一手

    区と薬科大

    薬物依存症対策に一手 社会

    啓発冊子、学生に配布

     区生活衛生課と横浜薬科大学が協働で作成した「薬物乱用防止リーフレット」が先月完成した。若年層の大麻検挙者が増加傾向にある状況を踏まえ、より依存性の高い薬物の使...(続きを読む)

    9月19日号

  • 「道・橋・川」フォトコンで大賞

    汲沢町在住石井さん

    「道・橋・川」フォトコンで大賞 文化

    市主催、1657点から選出

     市道路局は発足50年を記念し、「横浜の道・橋・川」をテーマにしたフォトコンテスト賞を実施した。その表彰式が8月30日に行われ、大賞にあたる「道路局長賞」に区内...(続きを読む)

    9月12日号

  • 女子柔道の頂点目指す

    大正中3年井桁さん

    女子柔道の頂点目指す スポーツ

    県大会でも優勝、飛躍へ

     令和を代表する女子柔道家を目指して奮闘中--。大正中学校3年生の井桁美優(いげたみゆう)さんが、今夏行われた「神奈川県中学校柔道大会48kg級」で優...(続きを読む)

    9月12日号

  • 市立中3生、英語で2位

    全国学力テスト

    市立中3生、英語で2位 教育

    学習意欲の高さ要因か

     横浜市はこのほど、今年4月に実施した文科省の「全国学力・学習状況調査」の市結果を発表した。これによれば、特に中学英語で高い学習意欲があり、平均正答率も全国で2...(続きを読む)

    9月5日号

  • 戸塚拠点にタイ支援

    市内在住・在学高校・大学生

    戸塚拠点にタイ支援 社会

    現地の子どものため募金

     タイ北部で人身売買の被害にあう恐れのある子どもたちを支援しようと、市内在住・在学の高校・大学生ら9人が湘南とつかYMCA(上倉田町)を拠点に1年にわたり募金活...(続きを読む)

    9月5日号

  • 発足1年、活動に勢い

    東戸塚商店会

    発足1年、活動に勢い 社会

    社会貢献にも注力

     東戸塚商店会(森田達美会長)が発足1年を迎えた。”未来の子供たちに誇れる街へ”を合言葉に、月1度の清掃やユニバーサルマナー検定を受けるなど、社会貢献に注力する...(続きを読む)

    8月29日号

  • 県少年野球大会で初優勝

    戸塚アイアンボンドス

    県少年野球大会で初優勝 スポーツ

    チャンス捕え、逆転に成功

     区内の少年野球チーム「戸塚アイアンボンドス」が8月15日、サーティーフォー保土ケ谷球場で行われた「東京新聞旗争奪県学童軟式野球選手権大会」の決勝戦で、相武台レ...(続きを読む)

    8月29日号

  • 振り込め被害、県下最多

    戸塚区内

    振り込め被害、県下最多 社会

    「還付金詐欺」中心に多発

     戸塚警察署(佐宗茂署長)管内における今年1月からの振り込め詐欺被害件数が57件にのぼり、県内54署中で最も多いことがわかった(8月14日現在・暫定値)。とりわ...(続きを読む)

    8月22日号

  • クローンで再生へ

    益田家のモチノキ

    クローンで再生へ 社会

    柏尾町住民の熱意 実る

     枯死したことにより、先月、県から天然記念物の指定を解除された柏尾町の「益田家のモチノキ(注)」。8月6日に伐採されたが、実は柏尾地区連合町内会(齋藤純一会長)...(続きを読む)

    8月22日号

  • 今夏もハチに注意を

    今夏もハチに注意を 社会

    7、8月 区への相談増

     例年夏本番を迎えたこの時期になると増えるのが、「庭先などにハチの巣ができて困っている」という相談だ。駆除方法や業者の紹介などの対応を行う、戸塚福祉保健センター...(続きを読む)

    8月15日号

  • 暑さ対策 ミスト設置推進

    横浜市

    暑さ対策 ミスト設置推進 経済

    商店街や駅などで整備

     横浜市は暑さ対策の一環としてミスト装置の設置を推進している。今年度初めて商店街への設置補助を事業化。6月にはパナソニック株式会社と連携協定を締結し新横浜駅に設...(続きを読む)

    8月15日号

  • 神楽殿、70年の歴史に幕

    平戸白旗神社

    神楽殿、70年の歴史に幕 文化

    神輿庫等を新設へ

     平戸白旗神社(平戸町)境内の神楽殿が倒壊の恐れがあるため解体された。第二次大戦後、地元の有志らが古材を集めて建築し、以来70年に渡り地域演芸のシンボルとして活...(続きを読む)

    8月8日号

  • 「横浜」舞台の物語 絵本に

    区内在住主婦ら

    「横浜」舞台の物語 絵本に 文化

     童謡「赤い靴」から着想

     原宿在住の駒澤昌子さんが文章、下倉田町在住の末岡恵実さんが絵を担当した絵本「あかいくつ」(銀の鈴社)が先ごろ出版された。同作は、童謡「赤い靴」にちなんだ山下公...(続きを読む)

    8月8日号

  • リユース食器 利用進むか

    リユース食器 利用進むか 経済

    公社事業終了 補助金に差

     使い捨てではなく、繰り返し洗って使えるリユース食器。夏祭りなどのイベントで利用が広がっているが、今年3月、(公財)横浜市資源循環公社がリユース食器の貸出事業を...(続きを読む)

    8月1日号

  • 小児用医療ウィッグに貢献

    南戸塚小6瀧口嵩太君

    小児用医療ウィッグに貢献 教育

    2年半伸ばした髪を寄付

     南戸塚小6年2組の瀧口嵩太(こうた)君が、病気などで髪の毛を失った子どもに人毛の医療用ウィッグを寄付する「ヘアドネーション」に取り組んでいる。「多く...(続きを読む)

    8月1日号

  • 市内で「はがき」詐欺急増

    市内で「はがき」詐欺急増 社会

    架空の公的機関装う手口

     「訴訟最終告知のお知らせ」――こんな内容の「公的機関を装った架空請求はがき」に関する相談が市内で急増している。横浜市消費生活総合センターはこのほど、2018年...(続きを読む)

    7月25日号

  • 累計購入者20万人に

    総合庁舎内地産地消直売コーナー

    累計購入者20万人に 社会

    旬の野菜などが人気

     戸塚区総合庁舎3階にある、地産地消直売コーナーの累計購入者数が20万人に到達した。2013年の庁舎新設時から区内の農家を中心にした出店者会(大木敏幸会長)が自...(続きを読む)

    7月25日号

  • 戸塚区から2人受賞

    県民功労者表彰

    戸塚区から2人受賞 社会

    福祉や食品衛生向上に貢献

     舞岡町の上田桂子さん(77)と深谷町の齋藤武彦さん(65)が神奈川県県民功労者表彰を受賞した。上田さんは民生委員児童委員としての長年にわたる地域福祉活動、齋藤...(続きを読む)

    7月18日号

  • 防災の専門家、地域に派遣

    戸塚区新事業

    防災の専門家、地域に派遣 社会

    研修会の精度向上狙う

     戸塚区は今年度から「地域防災アドバイザー派遣事業」をスタートさせる。区内の団体が自主的に防災に関する研修会などを開く際、区が専門家を派遣することで、地域の防災...(続きを読む)

    7月18日号

  • 子ども向け戸塚宿講座

    区内歴史研究団体

    子ども向け戸塚宿講座 教育

    「地元の歴史知る機会に」

     戸塚区の史跡や名所を散策する団体「戸塚見知楽会」が8月3日(土)、子どもに地元の歴史を学んでもらうための講座を開催する。主に戸塚宿の史跡を巡るなどしながら、学...(続きを読む)

    7月11日号

  • 利用者増加が継続の鍵

    小雀地区乗合バス

    利用者増加が継続の鍵 社会

    運行10年、行政も後押し

     地元企業が小雀町内会の要望を受け運営している乗合バス「こすずめ号」が今年7月で本格運行を開始してから丁度10年になる。地域住民の移動手段としての役割を果たして...(続きを読む)

    7月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

声出し体操講座

声出し体操講座

25日 交流広場とつか

10月25日~10月25日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク