戸塚区版

トップニュースの記事一覧

  • 社会的自立支援し、50年

    戸塚区聴覚障害者協会

    社会的自立支援し、50年 社会

    手話の普及などに尽力

     戸塚区聴覚障害者協会(榊原俊子会長)が先月、創立50周年を迎えた。耳の不自由な人の社会的自立支援を目的に設立された同会。これまで主に手話の普及に尽力してきた。...(続きを読む)

  • メタボ健診を無料化

    横浜市

    メタボ健診を無料化 社会

    受診率向上目指す

     横浜市は、国民健康保険加入者の特定健診(メタボ健診)を4月1日から無料化した。関東の政令市ではさいたま市に続いて2例目の取り組み。市は低迷が続く受診率の向上に...(続きを読む)

  • 中高年も該当、浮き彫りに

    横浜市内ひきこもり

    中高年も該当、浮き彫りに 社会

    推計1万2000人

     横浜市は、昨年初めて実施した40〜64歳を対象とした「市民生活実態調査」の集計結果をこのほど発表し、ひきこもり状態にある市民が推計1万2000人いることが分か...(続きを読む)

  • 高齢者の買物送迎を支援

    柏尾富士見台自治会

    高齢者の買物送迎を支援 社会

    地元の社福法人が車両提供

     柏尾富士見台自治会(池原昌平会長)が、地元の2社会福祉法人所有の車両で、同自治会の高齢者を区内の商業施設まで送迎する買物支援を行っている。利用者から好評を得て...(続きを読む)

  • 「市政を大胆に前進」

    「市政を大胆に前進」 政治

    林市長、新年度で抱負

     2018年度のスタートにあたり、本紙では林文子市長にインタビューを行った。林市長は新年度を「市政を大胆に前進させる年」と位置付け、インフラ整備や子育て施策など...(続きを読む)

  • 法衣をキルトでリメイク

    上矢部町在住諸星さん

    法衣をキルトでリメイク 文化

    寺院との縁、亡き夫が導く

     上矢部町在住の諸星流美子さん(59)がこのほど、宝城坊・日向薬師(伊勢原市)の元住職の法衣を利用したキルト作品を完成させた。同寺との縁は、亡くなった夫・勉さん...(続きを読む)

  • ごみ分別案内にAI導入

    横浜市

    ごみ分別案内にAI導入

    4月から本格稼働へ

     横浜市資源循環局は人工知能(AI)技術を使い、ごみの出し方や処分にかかる手数料などを対話形式で案内する「イーオのごみ分別案内」を4月1日から本格稼働する。...(続きを読む)

  • 区が独自の指針案 策定

    地域包括ケアシステム

    区が独自の指針案 策定 社会

    高齢化対策を掲示

     戸塚区は市が推進する「横浜型地域包括ケアシステム」を受け、区としての行動指針(案)を策定した。4月中に施策をまとめた冊子を区役所や区社協などで配布し、周知を図...(続きを読む)

  • 参加者30万人を突破

    ウォーキングポイント

    参加者30万人を突破 社会

    開始4年、目標を達成

     横浜市などが健康づくりの一環で進めている「よこはまウォーキングポイント事業」。第1期4年の最終年度となる2017年度に参加登録者数が目標の30万人を超えた。一...(続きを読む)

  • 薬科大が地域に特別開放

    旧ドリームランドボウリング場

    薬科大が地域に特別開放 スポーツ

    今後の貸し出しも検討

     横浜薬科大学(俣野町)内にあるボウリング場が3月10日に特別開放され、汲沢ボウリング同好会が交流大会を開催した。同大学は、かつて同地にあった「横浜ド...(続きを読む)

  • 水道料金値上げを検討

    横浜市

    水道料金値上げを検討 社会

    事業コスト急増見込む

     横浜市は今後の水道料金を検討する「横浜市水道料金等在り方審議会」を4月に発足させる。背景には設備の更新や耐震化対策など、長期にわたり事業コストの増加が見込まれ...(続きを読む)

  • 地域交流施設が誕生

    谷矢部池公園

    地域交流施設が誕生 社会

    住民の熱意が結実

     「ヨコハマ市民まち普請事業」に選ばれた谷矢部池公園愛護会による、同園内の交流施設「ぷらっと谷矢部」(矢部町1996)が3月10日、開所した。同日、披露会も開か...(続きを読む)

  • 公共施設の「多目的化」推進へ

    横浜市

    公共施設の「多目的化」推進へ 社会

    建て替えピーク控え方針

     横浜市は2月15日、公共建築物の再編整備の方針を策定した。学校や市営住宅を建て替える際には、近隣の市民利用施設や社会福祉施設などとの多目的化・複合化を検討・推...(続きを読む)

  • 児童福祉施設が開所

    上倉田町

    児童福祉施設が開所 社会

    子育て相談、虐待予防等に対応

     市内11カ所目となる横浜型児童家庭支援センターが3月1日、戸塚区上倉田町に開所した。同センターは児童福祉法に基づき、0〜18歳までの子どもとその親が、自分たち...(続きを読む)

  • 認知症支援などに重点

    地域包括ケア次期計画

    認知症支援などに重点 社会

    3月公表へ

     横浜市は超高齢社会に対応した体制づくりを推進する「横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」(よこはま地域包括ケア計画・注)の第7期計画を3月中に公表する。...(続きを読む)

  • 区制80周年に主眼

    2018年度戸塚区予算案

    区制80周年に主眼 政治

    1億566万円を計上

     2018年度の戸塚区の自主企画事業予算案が発表された。「区制80周年に向けて、こころ豊かな『とつか』」をテーマに、周年事業に重点が置かれるほか、地域緑化や青少...(続きを読む)

  • エスカレーターが稼働

    戸塚区総合庁舎

    エスカレーターが稼働 社会

    2、3階をつなぐ

     戸塚区総合庁舎の2階と3階をつなぐエスカレーターの設置工事が2月13日に完了し、19日の開庁と同時に稼働が始まっている。区では「庁舎完成時から寄せられていた要...(続きを読む)

  • 部活休養日、週2以上へ

    横浜市立中

    部活休養日、週2以上へ 教育

    新年度より実施

     横浜市立中学校では、2018年度より週に平日1日以上、土日1日以上を部活動休養日として設定していく。先月末には、市教育委員会が所管の中学校に通知した。生徒の健...(続きを読む)

  • 「魚道」設置で鮎の遡上期待

    柏尾橋下流

    「魚道」設置で鮎の遡上期待 社会

    上矢部住民らの熱意形に

     神奈川県は柏尾川にかかる柏尾橋下流に魚が遡上できる「魚道」を1月31日、設置した。柏尾川上流の阿久和川に鮎を呼び戻そうと活動を続けていた「上矢部まち...(続きを読む)

  • 過去最多の47件に

    戸塚区内「振り込め」詐欺

    過去最多の47件に 社会

    「カード手渡し型」が急増

     戸塚警察署はこのほど、同署管内で昨年1年間に発生した振り込め詐欺の件数が47件だったと発表した。これは記録が残っている2010年以降、8年間で最多。特に、新た...(続きを読む)

  • インフラ整備に積極投資

    市18年度予算案

    インフラ整備に積極投資 社会

    一般会計5.1%増

     横浜市は1月30日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は過去最大規模の1兆7300億円で、前年度当初比5・1%増。2年後に迫る東京五輪などの...(続きを読む)

  • 地ビールで「友好」を促進

    戸塚区北海道下川町

    地ビールで「友好」を促進 文化

    市内企業が製造・販売

     友好協定を結ぶ、戸塚区と北海道下川町の協力要請を受け、市内の地ビール製造会社・(株)横浜ビールが、両行政の特産物を活用したビール(発泡酒)「ともだちウィートエ...(続きを読む)

  • 「総量維持」に重点

    次期緑の保全計画

    「総量維持」に重点 社会

    市が素案公表

     横浜市はこのほど、「横浜みどり税」の使途となっている「横浜みどりアップ計画」の期間終了を控え、新たに「これからの緑の取組(素案)」を公表した。緑地保全制度の指...(続きを読む)

  • いのち輝く社会 実現を

    黒岩知事インタビュー

    いのち輝く社会 実現を 社会

    神奈川モデルを世界に

     年頭にあたり、黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事は「いのち輝く」をキーワードに施策を展開し、人生100歳時代に向け「未病(ME-BYO...(続きを読む)

  • 1月31日で一時休業へ

    イオン戸塚店

    1月31日で一時休業へ 社会

    来秋再開に向け建て替え

     イオンリテール株式会社が運営する「イオン戸塚店」(吉田町884)が1月31日の営業をもって、施設老朽化による建て替えのため一時休業に入る。再開は来年の秋頃を予...(続きを読む)

  • 加入者数 目標の4割

    ハマの自転車保険

    加入者数 目標の4割 社会

    周知不足で浸透進まず

     (一財)横浜市交通安全協会が、市民向けに提供する「ハマの自転車保険」の加入者数が、募集開始から約2年で4千人ほどと伸び悩んでいる。同協会は「周知不足」とするが...(続きを読む)

  • 「家族の幸せ」問う映画、上映へ

    区内母親ら

    「家族の幸せ」問う映画、上映へ 社会

    自主的に活動中

     戸塚区の母親らによる自主映画上映会が2月25日(日)、男女共同参画センター横浜(フォーラム)で開催される。「この映画をみんなに知って欲しい」――ひとりの女性の...(続きを読む)

  • 1万4千戸「再生」へ

    市営住宅

    1万4千戸「再生」へ 社会

    老朽化受け、市が素案公表

     市営住宅が2030年から50年にかけて一斉に耐用年限を迎える問題で、横浜市が再生に関する基本的な考え方(素案)を12月までにまとめた。約1万4千戸を20年度以...(続きを読む)

  • 戸塚町に今秋オープン

    スーパーマーケット

    戸塚町に今秋オープン 経済

    物販・飲食店なども併設

     横浜市内を中心として主にスーパーマーケット事業を展開する(株)ビック・ライズ(中嶋哲夫代表取締役/本社・青葉区)が今秋、戸塚町に「食品館あおば」をオープンさせ...(続きを読む)

  • 「つながりを大切に」

    田雑戸塚区長

    「つながりを大切に」 社会

    新年の抱負語る

     新春特別企画として本紙は田雑由紀乃戸塚区長にインタビューを行った。区長は昨年末に公表した区民意識調査の結果などを踏まえ、改めて人と人の「つながり」の...(続きを読む)

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク