戸塚区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

(PR)

難聴だからこそ寄り添える 下倉田町の補聴器店「おみみショップ」

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena
丁寧に補聴器の説明をする大槻さん
丁寧に補聴器の説明をする大槻さん

 「自分自身が難聴だからこそ悩みが共感できる」―。そう話すのは、下倉田町の補聴器店「おみみショップ」代表の大槻公孝さんだ。

 大槻さんは10代後半に難聴を患って以来、仕事やプライベートで「聴こえない苦しみ」を味わってきた。かつて通信関連会社で培った技術と、難聴の経験をもとに「顧客の悩みに寄り添える補聴器職人になろう」と開業を決意。現在、県内外から「聴こえ」に悩む多くの人が訪れている。

補聴器は調整が命

 大槻さんが来客者にいつも伝えているのは「よりよく聴こえるよう、一緒に頑張りましょう」という言葉だ。耳が悪いと言っても、症状は千差万別。だからこそ、長い期間をかけて補聴器を調整し続ける必要がある。同店には「○○で高額な補聴器を買ったが聴こえなかった」という相談が多く寄せられるが、原因の多くは「調整ができていないから」だという。「職人とお客さんが協力し、より良い聴こえを目指すことが、私たち補聴器店の本来の仕事」と話す。

 大槻さんが取り扱うのは「バーナフォン」というメーカーの製品。「ピーピー」というハウリング音が少ないことが特徴だ。徹底的に製品に精通し、調整はもちろん、製品の特長や限界も、わかりやすく説明する。

店舗をリニューアル

 同店はこの4月、店舗をリニューアルした。店内には聴力を測るフィッティングルームのほか、電話機に接続してクリアな音声を伝達する機械などを設置。あらゆる側面から「聴こえ」に向き合えるような場所になった。「日本は先進国で最も補聴器が普及していない。補聴器業界が本当に信頼されるような社会になるよう頑張りたい」と話す。

■おみみショップ

【住所】下倉田町244の1(駐車場有)【電話】045・861・8984

県道203号 豊田立体入口のT字路に面した店舗
県道203号 豊田立体入口のT字路に面した店舗

おみみショップ

戸塚区下倉田町244-1 第八山仁ビル1F

TEL:045-861-8984

http://www.omimi.jp/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

要介護者、高齢者の日常生活を支援

家事代行サービスのコピエ

要介護者、高齢者の日常生活を支援

2月20日号

住まい・くらしのサポートセンター「オーケストライフ戸塚・泉・栄」

弁護士・税理士・司法書士等 11の士業団体がコーディネート

住まい・くらしのサポートセンター「オーケストライフ戸塚・泉・栄」

地元の各業種のプロが団結

2月20日号

装飾する自由を

―凪塗装の現場から―

装飾する自由を

2月20日号

認知症による資産凍結を防ぐ

認知症による資産凍結を防ぐ

司法書士による「家族信託講座」

2月13日号

春告げる梅まつり【新型コロナウイルス感染及び蔓延防止のため、特設ステージイベント・屋台の模擬店は中止となりました】

専門家に聞いてみる

相続・不動産・空き家・高齢者施設

専門家に聞いてみる

まとめて解決「無料相談会」

2月13日号

噛める入れ歯で健康生活

噛める入れ歯で健康生活

院内技工所併設なので、当日修理も

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク