戸塚区版 掲載号:2017年8月17日号 エリアトップへ

(PR)

下倉田町 おみみショップ 「補聴器の信頼を取り戻す」

掲載号:2017年8月17日号

  • LINE
  • hatena

 「補聴器は、決して安い商品ではない。だからこそ心の底から納得してから購入して欲しい」――。

 そう訴えるのは、下倉田町で補聴器店を営む、大槻公孝さん=写真=だ。

 加齢に伴う難聴を患う人は「65歳以上で3割、75歳以上で半数」と言われ、1000万人を越えると推定されている。一方で補聴器の販売台数は年間55万台超と、低い水準だ。「大槻さんはこの原因を「難聴の自覚不足と、補聴器への不信感では」と指摘する。

難聴の経験糧に

 一概に難聴と言っても、聞こえにくい音域(音の高さ)や耳の状態は、人によって千差万別。だからこそ、的確な機種選定と正確な調整、さらに使用者に合わせた設定が不可欠だ。

 にもかかわらず、顧客の耳の状態の測定もそこそこに高額な補聴器を販売し、その後の対応もおざなりな業者が、近年多く見受けられるという。「補聴器を敬遠する人が増えるのも無理はない」と大槻さんは話す。

 実は大槻さん自身、補聴器選びに悩み続けてきた一人だ。高校生の頃に難聴を患い、以来聴こえない苦しみを味わい続けてきた。

 特に電気機器関係のエンジニアだった頃は、会議や取引先との会話でも苦労することが多く「なんでもするから聴こえるようになりたい」と願っていたという。

 そんな中で出会ったのが「店主自身が難聴者」という補聴器店だった。聴こえない苦しみを共感してもらい、さらに自分の聴力に合う補聴器と出会えた感動は、今も忘れられない。

徹底的な精通

 この時の感動が忘れられず、聴こえに苦しむ人の手助けをしようと決意した大槻さん。今では補聴器職人だ。強く意識しているのは、顧客の耳から、最大限の可能性を引き出すこと。そして「補聴器への不信感」を払しょくすることだ。そのために大槻さんはあえて取扱いメーカーを1社に限定し、特徴と性能を徹底的に知り尽くして、顧客に最適な補聴器を生み出す技法を身につけた。

 「聴こえに疑問を感じたら、まず耳鼻科医院で病性の有無を確認し、補聴器を勧められた際は、補聴器専門店に相談を。納得の補聴器で毎日を快活に過ごしてほしい」と呼びかける。

おみみショップ

戸塚区下倉田町244-1

TEL:045-861-8984

http://www.omimi.jp/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

「貯めて殖やす」ノウハウ指南

増税に危機感?女性向けマネーセミナー人気

「貯めて殖やす」ノウハウ指南

10月17日号

医療と介護のある安心生活

IHキッチン・風呂付高齢者向け住宅 入居金なし

医療と介護のある安心生活

医療法人運営のサ高住 見学受付中

10月17日号

新小4年の入塾説明会

啓進塾

新小4年の入塾説明会

私立中受験で人的成長促す

10月17日号

生まれてくる子どものため母親ができることは

専門家が一堂に集う無料相談会

弁護士・税理士・司法書士

専門家が一堂に集う無料相談会

11月4日 そごう横浜店9階(要予約)

10月17日号

加齢による眼の病気とは

眼科

加齢による眼の病気とは

10月17日号

秋バラ見頃に

秋バラ見頃に

横浜イングリッシュガーデン

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ほのぼのフェスタ

ほのぼのフェスタ

19日 戸塚駅西口周辺

10月19日~10月19日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク