戸塚区版 掲載号:2017年8月17日号 エリアトップへ

(PR)

下倉田町 おみみショップ 「補聴器の信頼を取り戻す」

掲載号:2017年8月17日号

  • LINE
  • hatena

 「補聴器は、決して安い商品ではない。だからこそ心の底から納得してから購入して欲しい」――。

 そう訴えるのは、下倉田町で補聴器店を営む、大槻公孝さん=写真=だ。

 加齢に伴う難聴を患う人は「65歳以上で3割、75歳以上で半数」と言われ、1000万人を越えると推定されている。一方で補聴器の販売台数は年間55万台超と、低い水準だ。「大槻さんはこの原因を「難聴の自覚不足と、補聴器への不信感では」と指摘する。

難聴の経験糧に

 一概に難聴と言っても、聞こえにくい音域(音の高さ)や耳の状態は、人によって千差万別。だからこそ、的確な機種選定と正確な調整、さらに使用者に合わせた設定が不可欠だ。

 にもかかわらず、顧客の耳の状態の測定もそこそこに高額な補聴器を販売し、その後の対応もおざなりな業者が、近年多く見受けられるという。「補聴器を敬遠する人が増えるのも無理はない」と大槻さんは話す。

 実は大槻さん自身、補聴器選びに悩み続けてきた一人だ。高校生の頃に難聴を患い、以来聴こえない苦しみを味わい続けてきた。

 特に電気機器関係のエンジニアだった頃は、会議や取引先との会話でも苦労することが多く「なんでもするから聴こえるようになりたい」と願っていたという。

 そんな中で出会ったのが「店主自身が難聴者」という補聴器店だった。聴こえない苦しみを共感してもらい、さらに自分の聴力に合う補聴器と出会えた感動は、今も忘れられない。

徹底的な精通

 この時の感動が忘れられず、聴こえに苦しむ人の手助けをしようと決意した大槻さん。今では補聴器職人だ。強く意識しているのは、顧客の耳から、最大限の可能性を引き出すこと。そして「補聴器への不信感」を払しょくすることだ。そのために大槻さんはあえて取扱いメーカーを1社に限定し、特徴と性能を徹底的に知り尽くして、顧客に最適な補聴器を生み出す技法を身につけた。

 「聴こえに疑問を感じたら、まず耳鼻科医院で病性の有無を確認し、補聴器を勧められた際は、補聴器専門店に相談を。納得の補聴器で毎日を快活に過ごしてほしい」と呼びかける。

おみみショップ

戸塚区下倉田町244-1

TEL:045-861-8984

http://www.omimi.jp/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

「妊婦感染、この時期だからこその対応を」

「妊婦感染、この時期だからこその対応を」

取材協力/小川クリニック

7月22日号

それ、変形性膝関節症かも

階段がつらい…正座ができない…

それ、変形性膝関節症かも

取材協力/西横浜国際総合病院

7月22日号

「家の健康診断お早めに」

吉田町まるみハウス

「家の健康診断お早めに」

 木材価格が高騰中

7月22日号

選択肢広がる緑内障治療

実は中途失明原因1位の病気

選択肢広がる緑内障治療

戸塚区下倉田町 おながファミリー眼科

7月22日号

横浜戸塚支店が移転リニューアル

スルガ銀行

横浜戸塚支店が移転リニューアル

 いよいよ来週7月26日から記念キャンペーン

7月22日号

フォトコンテスト開催

神奈川県公園協会

フォトコンテスト開催

カメラとスマホの2部門

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゴスペルコンサート参加者募集

【Web限定記事】戸塚ゴスペルコンサート実行委員会

ゴスペルコンサート参加者募集

初心者歓迎 全4回のプロ指導

7月1日~7月31日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter