戸塚区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

創業40周年の感謝を胸に改めて起業精神を想起

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
消毒液を持つ川口社長(右)と大治常務
消毒液を持つ川口社長(右)と大治常務

 今年、創業40周年の節目を迎えた(株)横浜セイビ(川口健治代表取締役社長/本社汲沢町)。ビルのメンテナンス・設備、病院などの清掃、家事代行サービス「コピエ」も手掛ける企業だ。コロナ禍のなか、エッセンシャルワーカーとして重責を担う同社の社会的役割はさらに大きくなっている。

 1981年、ドリームランド前のショッピングセンター内の事務所に川口社長が一人で起業した同社。当初は床のワックスなどの資材販売からスタートした。時はバブルの直前。市内外にビルの建設ラッシュが起こり需要が拡大、さらに「メンテナンスもできないか」と要望を受け、現在の業務にウイングを広げる。

 転機となったのは30年前、千葉県市川市にあるショッピングセンターの清掃を請け負ったこと。50人のスタッフを投入。ここで得たノウハウが同社の基礎となっている。

スタッフの健康第一に

 15年ほど前からは「川崎市立多摩病院」、その確かな仕事が評価され、昨年には横須賀市にある「聖ヨゼフ病院」の清掃も担当する。この間、さらに良質な医療関連サービスを提供するため「医療関連サービスマーク」を取得している。

 病院清掃は、多様な感染症患者が数多く訪れる難易度が高い職場。そんななか、コロナという大きな壁が立ちはだかる。同社の川口大治常務取締役は「スタッフの勤務時間の見直し、消毒や換気の徹底、防護服の着用など、感染対策に力を入れました。お陰様で現時点では誰一人感染していません。院内を清潔に保つことと、スタッフの健康は私たち管理者側の大きな責任です」と話す。

家事代行、シニアに好評

 同社のもう一方の柱が家事代行サービスの「コピエ」。10年前、川口社長が将来の核家族化の進行、少子高齢化を見越し立ち上げたブランドだ。最近、特に増えているのが、独居や夫婦だけの高齢者による相談。▽自宅内の高い位置にある窓ふき▽台所や風呂、トイレなどの水回りの清掃▽使わなくなった大きな家具の撤去などの依頼▽買い物代行などだ。内容は多岐にわたるが、共通項はシニアになり体力的に自分たちで対応できなくなってきた事柄だ。

 川口社長は「皆様のお力添えで創業40年を迎えました。改めてお礼を申し上げます。昨年11月、弊社は横浜市から「YーSDGs」の第1回認証事業者に認定されるなど高評価をいただきましたが、基本は社会の根幹を支えるエッセンシャルワーカー。これからも地域の発展のために力を尽くします」と話す。
 

㈱横浜セイビ

戸塚区汲沢町1161-1石井ビル1F

TEL:0120-957-757

https://www.copier.jp/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

テニス無料体験教室

「密」避ける運動で人気! 11月3日

テニス無料体験教室

ウエスト横浜テニスクラブ

10月21日号

変化する葬儀に対応

とつか葬斎館

変化する葬儀に対応

極少人数にも合う式場

10月21日号

こわばった体を柔らげる

出張鍼灸・指圧マッサージ

こわばった体を柔らげる

医師と連携し保険適用も

10月21日号

窓、照明カバーキレイに!

窓、照明カバーキレイに!

コピエ 大掃除キャンペーン中

10月21日号

「その風化を抑え、お直しします」

”大谷石”の石塀・外壁でお困りの方へ

「その風化を抑え、お直しします」

老舗石材店「石半(いしはん)」が再生を提案

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook